ここから本文です

ケガを味方にして己を高めた石川直宏。引退を発表も「まだ終わりじゃない」

8/4(金) 8:02配信

webスポルティーバ

 FC東京のMF石川直宏(36歳)が、今シーズン限りの現役引退を発表している。

 2000年に横浜F・マリノスに入団。2002年に移籍したFC東京でスピードスターとして頭角を現す。タッチラインを疾走する姿は天馬のようで、アテネ五輪に出場。日本代表にも選ばれている。
 
 一方で、ケガにつきまとわれた選手生活でもあった。3度の膝靱帯断裂を経験。膝のケガはサッカー選手の生命を脅かす。復帰まで約1年近くかかり、再発の危険を伴う。それで20年近く現役を続けられたことのほうが驚きだ。

【写真】内田篤人×乾貴士、キャンプで遭遇!

「思っていた以上の回復ができていない」

 石川本人が明かすように、引退の理由もケガによるところが大きいだろう。しかしながら、石川はケガに負けたわけではない。むしろケガを味方にすらした。ケガによって、自らを鍛え、己を高めてきた選手だった。

「J1のピッチに戻ったとき、ひとつの作品にしよう」

 筆者は石川と昨年春、そんな約束をしていた。2010年に刊行した『アンチ・ドロップアウト』(集英社)に石川のルポを収録。ケガという運命に、少しも諦めず、勇ましく立ち向かう姿を描いた。2015年夏のドイツ遠征以来、ピッチに戻れていなかった石川と再会した際、「もう一度、描きたい」という衝動に駆られたのだ。

「自分としては、ここで終わり、というのが嫌なんです。ケガを克服して、ピッチに立って、自分らしい姿を見せたい。周りにも、そして自分にも、”復活したぞ”というのを見せつけてやりたいんです」

 そう語る石川の目は、爛々(らんらん)と輝いていた。彼は言うなれば、ケガを克服するスペシャリストである。

「俺はケガを乗り越えることで結果を出してきました」

 そう言う石川は常に自分と対峙してきた。

「ケガに関しては、起こったことを受け入れよう、と自分に言い聞かせてきました。自分の足だし、膝なわけだから、向き合う必要があるし、マイナスには捉えないように。不安はあっても、そういうことすべてを含めて自分だから。ケガはアスリートとしていいことではないかもしれないけど、自分に与えられた試練のひとつだと思っています。ケガのたびに身体のメンテナンスをしてきましたね。付近の筋肉を強化し、コンディションを整え、”修理に出した車の足回りがいい”みたいな感じになるんです。自分はケガのたび、しっくりといく動き方ができるようになりました」

 石川は衒(てら)いもなく語った。事実、ケガのたびに逞しくなっている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ