ここから本文です

宅間守鑑定医が語る「人格障害とは何か」

8/4(金) 19:11配信

創

宅間守精神鑑定書の刊行がもたらした反響

 2013年5月下旬に出版された『宅間守精神鑑定書』(亜紀書房刊)が大きな反響を呼んだ。著者は元京都府立洛南病院の院長だった岡江晃さんだ。1972年から洛南病院で精神科医を務め、92年から刑事事件の精神鑑定を担当するようになった。この本を出版した時は同病院を辞めて他の病院に勤務していたが、その後、がんのために亡くなってしまう。
 宅間守(以下敬称略)による池田小事件が起きたのは2001年6月8日のことだ。出刃包丁を持って小学校に押し入り、無差別に児童や教師を殺傷した。小学1・2年生の児童8人が刺殺されるという事件は日本中に衝撃を与えた。
 宅間守には03年8月、大阪地裁にて死刑判決がくだされ、弁護団が控訴したが、本人が取り下げて死刑を確定させた。死を覚悟して児童を道連れにし、社会への復讐も遂げたという宅間は、確定後、早く刑が執行されることを望み、04年9月、約1年という異例の早さで死刑が執行された。
 死刑確定後も、被害者遺族に謝罪するどころか、ガソリンを使えばもっと大量の児童を殺せたとうそぶくなど、最期まで社会への憎悪を吐露して死んでいった宅間守の手紙は本誌でも掲載したし、その宅間を救いたいと獄中結婚をした女性の手記なども掲載した。
宅間守の精神鑑定にあたった岡江さんが出版した鑑定書は400ページ超える大部のもので、宅間が鑑定時に語った犯行の状況なども収録され、興味深い内容だ。この本が話題になり、売れたのは、やはり宅間守という人物のパーソナリティに対する興味が多くの人にあるからだろう。反社会性人格障害と診断された宅間は、以前から何度も精神科に通院ないし入院もしていたのだが、それがあの事件を防ぐことにはならなかった。鑑定書ではこんなふうに書かれている。
《以上の言動や対人関係の背後にあるのは、説明するまでもなく際立った情性欠如であると言わざるを得ない。空想癖や虚言癖がある。共感性もない。自己中心性、攻撃性、衝動性は顕著である。
 鑑定時にも情勢欠如を強く感じる。本件犯行を「ブスブス事件」と表現し、一言で言えば反省、悔悟、苦悩の念は全く感じられない》
 こういう反社会性人格障害とされる人物に対して、凶悪な事件を予防するために社会は何をなし得るのか。あるいは精神医療は有効な手立てを持ち得るのか。そういう疑問を含め、2013年夏に行った岡江さんへのインタビューを改めて公開する。(編集部)

──『宅間守精神鑑定書』をそもそも出版しようと考えたのは何がきっかけだったのですか。
岡江 2002年に鑑定した当時は出版するなんて全く念頭になく、いずれ出したいと思ったのは数年ぐらい前です。
 理由としていちばん大きいのは医療観察法。この法自体が池田小事件をきっかけにして出来た、と枕詞のように語られますが、法律が成立して以降、厚労省による監査時に、私は精神科医として医療観察法の入院病棟での診察を去年まで担当していたんです。
 法律が実際に動き出して、賛否両論ありますが、今までとは違う治療が進んでいく中で、やっぱり宅間の鑑定に関する本は出した方がいいんじゃないかと思うようになりました。
 出版には相当躊躇(ちゅうちょ)しました。そもそもこういう本が10年ぐらい前からぱったり出なくなっているんですね。実は鑑定書の扱いは決まりがなくて、昔は裁判所か鑑定人か、どちらに属するか議論になった時期もあったらしいですが、結局はっきりしてないんです。
 ところが、おそらく宮勤の事件を最後に、事件が特定できる鑑定書は出版されていません。それまで戦後の大きな事件、例えば金閣寺の放火事件などは全部、鑑定書の中身が本になっています。有名な事件5~6件の鑑定書を丸ごと収録した鑑定集で、専門書とはいえ誰でも買うことができました。
 精神科医にとっては、普段の臨床なら時間をかけないところも鑑定なら非常に深く調べたり考えたりするので、鑑定書というのは勉強になる。読むと結構、役に立つんですね。それが10年前からぱったり出されなくなりました。
 私はその原因は、個人情報保護法だと思っています。この法律ができたあたりから、医療の現場には極端な事態が起きていて、外来で名前を呼んではいけなくなったり、病室の入り口に入院患者の名前を書くのもダメになった。尼崎の列車事故で大勢が亡くなった時、マスコミの問い合わせに病院は入院しているかどうかすら答えませんでした。
 奈良の少年事件で、調書をそのまま出した『僕はパパを殺すことに決めた』は刑事事件に発展しました。鑑定した医師は、鑑定行為は医療行為ではないから、医師の守秘義務に該当しないと主張していましたが、去年の最高裁判決は鑑定でも守秘義務はあると結論づけました。この判決もあり、今回の出版には本当に迷ったんです。
 でも、日本の精神医療が良くも悪くも大きく舵(かじ)を切る引き金になった事件について、精神科医から見た像が全く残されないでいいのかという思いがあったのです。
──出版して、精神医療の世界の反応はいかがですか。
岡江 知り合いはよかったと言ってくれますが、全体はわかりません。新聞記者の人に聞くと、有名な司法精神医学の精神科医は「時期尚早だ」とコメントしていたみたいです。50年前の事件なら、もう歴史の一部になっているかもしれないけれど、池田小事件はまだ10年だから、ということでしょうね。ただ、ある精神医学会で宅間の鑑定について話してほしいという依頼も受けています。

1/5ページ

最終更新:8/4(金) 19:11

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊「創」

創出版

2017年12月号
11月7日発売

700円(税込)

各種SNSやブログでも、随時情報を配信しています。