ここから本文です

日本人ストライカーのクラブが揃って敗退 南野先発、久保途中出場も予選で姿を消す

8/4(金) 11:32配信

Football ZONE web

ザルツブルク南野は後半36分までプレー ヘント久保は残り10分のタイミングで出場

 欧州カップ戦への出場を懸けた戦いが進むなか、日本人ストライカーが所属する強豪クラブが揃って予選敗退の憂き目に遭っている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とUEFAヨーロッパリーグ(EL)の予選3回戦のセカンドレグが現地時間2日と3日に各地で行われた。

【動画】韓国代表FWも「タカ、最高だよ」と絶賛! 宇佐美貴史が見せた華麗なテクニック

 CL予選は現地時間2日に14試合が行われた。FW南野拓実が所属するオーストリアの名門ザルツブルグはクロアチアのレイカと敵地で対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。2戦合計で1-1となったが、アウェーゴールの差で敗退となった。南野は先発出場するも、後半36分に交代した。

 ザルツブルクの他には、オランダの強豪アヤックスもニース相手にアウェーゴールの差で敗退するなど波乱含みの展開となっている。

 そして、同3日に行われたEL予選3回戦ではFW久保裕也所属のヘントが登場。しかし、オーストリアのSCラインドルフ・アルタッハに1-3と敗戦。久保は残り10分というタイミングで途中出場したが、ゴールは奪えず。2戦合計スコア2-4と下回り、本大会の切符を逃した。

酒井のマルセイユは…

 DF酒井宏樹がプレーするマルセイユはベルギーのオーステンデと激突。ホームで4-2と勝利していたマルセイユは敵地での第2戦を0-0で終え、次ラウンドへの進出を決めた。酒井は右サイドバックとして先発フル出場している。

 その他、大型補強を進めるACミランやエバートン、CLの常連でもゼニトやフェネルバフチェなどの勝ち抜けが決定。その一方で、オランダの名門PSVはクロアチアのNKオシエクに2戦合計スコア0-2で敗戦。早くも大会から姿を消すことになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/4(金) 11:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新