ここから本文です

奇跡の再会をはたしたアイドル顔負けの美脚猫せっちゃん

8/4(金) 11:31配信

@DIME

「人生って出会いだけって気がします。泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり…すべてが出会いから起きていますよね」名優・高倉健さんが残した言葉はNさんと愛猫との奇跡の再会を物語っているように思えました。

【グラフ】奇跡の再会をはたしたアイドル顔負けの美脚猫せっちゃん

ぴんと伸びた脚、黒くてまあるい尻尾。なんともセクシーなポーズのフォトジェニックな猫ちゃんの名前は「せつこ」、通称せっちゃん。現在8~9歳の女の子です。

インスタグラムではグラビアアイドル顔負けのセクシーな姿が大人気。名前の由来もセクシーからきているそうで、、、

「野良猫時代からセクシーちゃんと呼んでいたので、うちの子になってからもしばらくはセクシーちゃんと呼んでいました。でも、ある時友人に「こんな和風な猫なのに?」と言われ、「セクシー」をもじって「せつこ」になりました」

そんな、せっちゃんとの出会いは2010年。Nさんが当時住んでいたマンションの敷地内で、向かいに住んでいたおばさんが野良猫数匹にごはんをあげていました。その中にせっちゃんもいました。

猫が大好きなNさんはみんなが日向ぼっこしたり、ごはんをもらう姿を見るのが日々の楽しみだったと言います。しかしある日、猫の面倒をみていたおばさんの家が取り壊しになり、おばさんも引っ越すことに。

おばさんの家の屋根の上でのんびり過ごしていた野良猫たちは、しばらくしてどこかへいってしまい、姿を消してしまいました。最初は気がかりだった野良猫の行方も、時と共に少しずつ消えかけていく。そんなある日、彼女はNさんの前に突然、現れたのです。

「ブロック塀の上から まぁるいあたまをヒョッコリ出して、私をジッと見る白い猫がいたんです。特徴のあるぽんぽん尻尾で、あの猫だ!とすぐわかりました」

一度見たら忘れられない可愛い尻尾。それは運命の再会でした。Nさんは再び巡り会えたその日からしばらくの間、あの時のおばさんのようにごはんをあげる生活をしていたそうです。

当時、Nさんはその先のことは全く考えていませんでした。ただただ可愛いニャンコのために行動する日々。たまにNさんの帰りが遅くなると、部屋の前まで迎えに来ることもあったとか。

そんな生活を続けて数ヶ月。このままでは近所迷惑になるかもしれない、マンションの管理人さんにも注意されて、いずれここに住めなくなるかもしれない。限界を感じたNさんは決断しました。

「私が出ていくことになったら、もう一生この子と会えなくなる。だったら一緒に引っ越ししよう!」

Nさんは再会したこの子と離れたく無かったと言います。生まれた時から野良猫だったせっちゃんを保護することに当然不安はありましたが、「絶対大丈夫!」という強い意志で一緒に暮らすことを決めたのです。

そこからの行動はNさん曰く「鬼のように素早かった(笑)」とか。夢中でペット可マンションを探し、奇跡のような早さで理想の部屋とご対面。あれよあれよという間に、せっちゃんとの2人暮らしが始まりました。

保護した当時、せっちゃんは3歳ぐらい。それまで人間と暮らしたことがなかったためか、せっちゃんにも戸惑いが。

「最初はどう接していいのかわからなかったと思います。部屋に三段ケージを用意して、半年くらいはその中で過ごしてもらいました。逃げたいとか嫌がる素振りは全くなかったんですが、手を出すと本気で引っかいたり噛んできたりして、全く触らせてくれませんでした」

はじめは警戒心が強いせっちゃんでしたが、徐々にケージ生活にも慣れてきた頃、事件が起きました。Nさんがケージ越しに少しでも触れ合おうと顔を近づけた瞬間、えぐれるくらいザックリと瞼を引っかかれてしまったのです。

「あの時、せっちゃんは攻撃してきたのではなく甘えてきたんだと思います。加減も甘え方もわからないから、つい引っかいてしまったんだと…」

「というのも、出血が止まらない私を見て、せっちゃんはとても傷ついているような申し訳なさそうな顔をしていました。あの時の表情は今でも覚えています」

今でもカプっ!と噛もうとする癖は抜けないままですが、なんとか自分で寸止めできるようになったとか。

奇跡的な再会から始まった、せっちゃんとの生活も早や6年。その一瞬一瞬にNさんは幸せを感じているといいます。

「せっちゃんは私にとって特別な運命の猫です。あまり動かず、静かにジーっとしているところなんて私とよく似ているし気質もソックリ。私にとって一番大切な存在、私の命そのものと言ってもいいかもしれません」

いかなる障害があっても運命の相手とは必ず出会える。Nさんとせっちゃんはまさにそんな関係だったのかもしれません。そこには不思議な縁で結ばれた、幸せ一杯の愛猫物語がありました。

取材・文/太田ポーシャ

@DIME編集部

最終更新:8/4(金) 11:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学

Yahoo!ニュースからのお知らせ