ここから本文です

【総体】市船が衝撃の敗戦を喫したワケ。前回覇者を敗退に追い込んだ日大藤沢の戦略と敗者の弁

8/4(金) 20:07配信

SOCCER DIGEST Web

「市立船橋の選手は素晴らしい。だから少しでも…」(日大藤沢・佐藤監督)

 全国高校総体(インターハイ)は4日に決勝が行なわれ、流経大柏が9年ぶりの優勝を飾ったが、前日の準決勝では前年度王者の市立船橋が衝撃的な敗戦を喫して、大会から姿を消していた。

【総体決勝PHOTO】流経大柏が9年ぶり2度目の優勝! 2年生MF熊澤が決勝弾

 市立船橋は初の4強進出となった日大藤沢と対戦。序盤からボールを支配して押し込む展開を作り、後半23分にはMF郡司篤也が先制点も奪い取った。だが、後半アディショナルタイムで迎えたラストプレー。GKからのロングキックのこぼれ球を交代出場したばかりの日大藤沢MF菊地大智に叩き込まれて、まさかの同点に。そのまま迎えたPK戦を落とし、連覇への道は途絶えることとなった。
 
 どこかでボタンを掛け違えているような、違和感のある試合内容だった。ボールは持っている。動いてもいた。しかし「テンポが悪い」(朝岡隆蔵監督)。理由の一つは、日大藤沢のやり方が想定と異なっていたことだろう。

 これは佐藤輝勝監督の狙いどおり。普段はボールにガツガツと奪いに行くところを抑えさせつつ、しかしまったく奪いに行かないわけではない「行くようで行かない。やらないようでやる」微妙な守備を徹底。不思議なノープレッシャーもあれば、油断していると突然取りに来る。そのリズムの変化を狙う。「市立船橋の選手たちは本当に素晴らしい。だから少しでも彼らの判断を迷わせられればと思っていた」(佐藤監督)。
 
 一人ひとりのボールを持つ時間が長くなったうえに有効でもない。おまけに「一番良い選手」と日大藤沢側が見込んでいたU-19日本代表の左SB杉山弾斗だけは意図的にプレッシャーをかけられており、他の選手を使って攻めさせるように仕向けられてもいた。日大藤沢が張った罠に入り込んでいた。
 
「前半から押し込んで、リスク管理もできていたし、(こぼれ球も)拾えていた」(杉山)
 
 杉山が言うように、内容が絶望的に悪いわけではなかった。事実として、日大藤沢の得点機は皆無。だがそれでも、徹底して中央を固めていた日大藤沢に対し、攻め切れない。何かがおかしいまま時間だけが過ぎていく。
 
 それでも交代出場の郡司がCKのセカンドボールからしぶとく決めた先制弾は「さすが市船」と思えるもの。エースFW福元友哉を出場停止で欠く影響でゴール前の強さ・怖さがなくなっても、セットプレーで勝負強さを見せるあたりは王者の資質あり、と見えた。「1点リードはまったくアンパイではない」(朝岡監督)のは確かだが、試合の流れとしては、このまま終わり“そう”ではあった。

1/2ページ

最終更新:8/7(月) 18:13
SOCCER DIGEST Web