ここから本文です

まるでサロン帰りの髪に!プロが教える「夏のシャンプー法」

8/4(金) 19:10配信

ESSE-online

夏真っ盛り。紫外線や汗に毎日さらされて、心身と同時に、髪や頭皮のダメージも進行中です。きちんとケアしないまま放置してしまうと、抜け毛やパサつき、うねりといった“老け髪”の原因になってしまうことも…。

もっとも手軽なのは「シャンプー方法」を変えること。夏の皮脂汚れがきちんと落ちるシャンプー法を、毛髪診断士の美香さんに教わってきました。いつものやり方を少し変えるだけで、きれいな髪が育ちますよ。

美髪の土台をつくる「サロン洗い」ポイント4つ

シャンプーはしていても、頭皮の汚れまできちんと落とせている人はごくわずか。毛穴を動かし、汚れをもみ出すイメージで、美髪を育てる土台である「頭皮」から清潔に整えていきましょう。

ヘアサロンでプロが行なっているシャンプー方法を、家庭でもできるように美香さんがアレンジしてくれました。そのやり方をご紹介してきます。

●ポイント1 1分の予洗いで頭皮に水分をたっぷり含ませる

髪をかき上げながらシャワーの水流を当て、頭皮と髪に十分に水分を含ませます。軽い汚れを落としつつ、シャンプーの泡立ちがよくなる効果も。

●ポイント2 洗うときは、指の腹で円を描くように

手の指の腹をしっかり頭皮につけ、小さな円を描くようにして泡立てていきます。毛穴を動かし、汚れをもみ出すイメージで行って。

●ポイント3 「ヘアバンドライン」と「頭頂部」はしっかり洗いを

ヘアバンドをしたときに隠れるラインと頭頂部は、洗い漏れが多い部分なので念入りに。頭頂部は左右の指を交差させて洗うと、しっかり力が入って奥まで汚れが落とせます。毛先を洗うときはこすらず、手で泡をなじませる程度でOK。

●ポイント4 シャワーのヘッドを持ちパワフル水流ですすぐ

シャワーのヘッドを手に持ち、頭上5cmほどの距離から、頭皮にじかに水流を当ててすすぎます。これだけですすぎあとの頭皮がすっきり軽く。

4つのポイントを押さえるだけで、まるでヘアサロンで洗ってもらったような軽い頭皮&さらさら髪になりますよ。美香さんはESSE9月号にも登場。より詳しいシャンプー法のほか、頭皮マッサージやドライヤーのかけ方など、美髪を育てるメソッドをしっかり伝授。こちらもぜひ読んでみて。

●教えてくれた人
【美香さん】
毛髪診断士。育毛メニューが充実した人気ヘアサロン『AMATA』の代表を務める。髪や頭皮のケアは究極のアンチエイジングとして、いち早くヘッドケアや育毛メニューを導入。積極的にセルフケアアドバイスも行う。

<撮影/鈴木希代江 ヘアメイク/斉藤節子 取材・文/恩田貴子>

ESSE

最終更新:8/4(金) 19:25
ESSE-online