ここから本文です

高橋優、球児たちの前で「熱闘甲子園」テーマソングを熱唱!

8/4(金) 14:25配信

ザテレビジョン

テレビ朝日系で8月7日(月)から21日(月)まで放送される「熱闘甲子園」(月~金、日曜夜11:10-11:40 、土曜夜11:50-0:35)のスペシャルイベントが、テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り会場の特設ステージにて行われ、番組キャスターの古田敦也とヒロド歩美ABCアナウンサー、ことしの「熱闘甲子園」テーマソングを歌うシンガーソングライターの高橋優が登場した。

【写真を見る】ステージに登場した高橋優

イベントでは、「私が選ぶ『熱闘甲子園』の“リアル”」と題し、3人がそれぞれ目の当たりにした高校野球の一場面を紹介。

古田は、「『支えてくれる人達の想いを胸に』。プレーしてる球児たちにだけ注目しがちだが、非常に多くの方々の思いを背負って選手たちは甲子園に来ています。だからこそ選手たちは、負けられない、諦められない、最後まで必死に戦うことができる。これが甲子園のいいところであり、この番組のいいところであるので、(キャスターとして)伝えていきたいと思いますね」と甲子園に対する思いを語った。

高橋は、「『最後の夏にかけた地方大会』です。甲子園に行くまでのたくさんのドラマもすてきだなと感じました」と、実際に足を運んだ地方大会にこそあるストーリーが魅力的であったと紹介。その映像が流れると古田は、感動した様子で目に涙を浮かべていた。

高橋も「泣くのをこらえるのが必死でした」と目を潤ませた。悔し涙を流していた球児に高橋は、「負けても、一生の財産。人として、敗北からどう這い上がっていくのかというところも、30過ぎの男からすると見どころです。『そこから大きくなっていけよ!』という胸が熱くなる思いです」とエールを送った。

ヒロドは、『甲子園を目指す女の子』に注目し、2人の女子マネジャーを紹介。それを聞いた古田は、「甲子園というところは、誰にとってもいいところ! 野球選手以外の方にもこの感動を伝えてくれると思います」と語った。

テーマソング「虹」について、どんな思いでこの曲を作ったかを聞かれた高橋は、「甲子園で活躍される方への応援ソングとして書かせていただいたんですけど、甲子園以外の場所でも、なにか前に進もうとされてる方々への応援歌になればいいなという思いで書かせていただきました」と語り、曲作りの際の苦労したことについては、「時間はかかったが、小さな手応えをたくさん感じながら書かせていただきました」と満足げな表情だった。

曲作りための旅に行くと決まったとき高橋は、「自分はいつも球児と真逆で部屋にこもって曲を作っているので、最初、青い空の下で曲が書ける自信がなかったんです。けど、いざ試合を見に行ってみると、『あー悔しそうだな』とか、『今ころんだけど、痛かったんだろうな』とか、テレビに映らないような、自分で見つけたドラマを見て、どんどん曲作りが進んだんです」と言い、表紙に名前の入った曲作りノートを見せた。

タイトルについては、「曲のテーマとして『虹を待つな虹になれ』が自分の中で湧いてきました。球児たちが、『雨が降ってたって奇跡を俺が見せてやるぞ』という気持ちでバットを振ったりしてるように見えたんですよ。ひたむきに熱くなれる気持ちを忘れてた自分が恥ずかしくなった」とそこに込めた思いを話し、番組のために書き下ろしたというテーマソング「虹」を披露。パフォーマンスを聞いていた古田は「生はすごいねえ」と感嘆した。

最後に、高校野球大好き芸人としてアンジャッシュ渡部とアンタッチャブル山崎もVTRで登場。山崎は「(球児たちの活躍を)予想して、早めに泣きそう」と待ちきれない様子だった。

最終更新:8/4(金) 14:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)