ここから本文です

iPhoneと直結して全天球撮影やライブストリーミング可能なVRカメラ Giroptic IO - 大谷和利 魅惑するプロダクツ

8/4(金) 16:00配信

ニューズウィーク日本版

<iPhoneのLightning端子に直挿しして利用するVRカメラの最新製品。これだけでモバイルVR放送局として完結し、その可能性には計り知れない>

このコラムでは、以前に360度のVR(バーチャルリアリティ)撮影が可能な全天球カメラの話題を採り上げたことがあったが、その後、アクションカメラの大手GoProも参入を表明(Fusionの製品名で今年後半にリリース予定)するなど、この分野はさらに盛り上がりつつある。

汎用性を考えると、カメラは独立した製品として単体で機能できるほうが有利だが、その場合には、撮影データの表示や利用のために必ず無線か有線でスマートフォンやコンピュータと接続する必要が生じる。そのため、もっと手軽に、スマートフォンそのものでVR撮影を行なっているかのような感覚で使える製品も登場してきた。

スタンバイまでの時間がほとんどかからない

そこで、今回は、iPhone(SEを含む5s以降)またはiPad(mini2以降、Air、Air 2、Pro)のLightning端子に直挿しして利用するタイプのVRカメラでは最新製品にあたる、Giroptic IO(2万9800円)を採り上げてみたい。

この製品は、75 x 35 x 17ミリ(レンズの最厚部は約27ミリ)で重量70グラムというコンパクトさながら、4K(3840×1920ドット)の静止画と2K(1920×960ドット/30fps)の動画を撮影することができる。

接続にLightning端子を使う関係で、デバイスは上下逆さの状態で利用するが、アプリもその向きに対応しているので、撮影中の違和感はほとんどない(別アプリに切り替えた際などに感じる程度)。LightningコネクタはアップルのMFi認定を受けているので、iOSがアップデートしても安心して利用できる。

専用アプリは、挿されたハードウェアを感知して自動的に起動し、そのまま手持ちでの撮影や、ハードケースをスタンドとして利用してのハンズフリー撮影が可能だ(三脚などを利用する際には、市販のスマートフォンアダプタなどを利用)。

無線接続タイプと比べて、画面を見ながらの撮影であっても、スタンバイまでの時間がほとんどかからないのは大いに魅力的といえる。

アプリからモードを選ぶだけで即時配信が可能

先行する単体カメラタイプのリコーTHETAなどと比べると、静止画の解像度(THETAは5376×2688ドット)では劣るものの、動画ではほぼ同程度となっており、撮影条件によっては前後のレンズで捉えた映像の継ぎ目がやや目立つ場合もある。

しかし、ビデオ撮影をしながらリアルタイムでネット配信するライブストリーム機能では、Giroptic IOが大きくリードしており、アプリからモードを選ぶだけで即時配信が可能となる。





ライブストリームは、各種SNSが今最も力を入れている機能で、Giroptic IOでは、Facebook、Youtube、Periscope(Twitter系のライブストリームサービス)がサポートされているほか、ユーザー指定のサーバーを使うこともできる。

いわば、これだけでモバイルVR放送局として完結しているわけだが、さらに視聴者からのコメントもリアルタイムに表示されるので、バンド演奏のライブ配信や遠隔授業のプラットフォームとしての利用など、その可能性には計り知れないものがある。

Lightning端子に直挿しできるVRカメラとしてはInsta360 nanoという製品もあり、こちらは単体でも使えるハイブリッド仕様で解像度もより高いが、その分、筐体は縦長で厚みがあり、電池駆動時間の点ではやや分が悪い。

VRカメラにも様々なバリエーションが出てきたことは、徐々に市民権をえはじめた証でもあり、スマートフォン単体では撮影できない映像が撮れることから、それを補完する形で普及が進むことだろう。その世界を手軽に楽しむ上で、Giroptic IOのような製品への注目が高まっていきそうだ。

大谷和利

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-10・24号
10/17発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

Yahoo!ニュースからのお知らせ