ここから本文です

劇評家50年のベテランが観た “悲劇の千両役者”市川海老蔵の親子共演

8/4(金) 8:00配信

デイリー新潮

 半世紀以上、演劇を観続けてきた劇評家の矢野誠一さんが、7月4日の「七月大歌舞伎」の劇評を含んだ「海老蔵論」を「新潮45」8月号に寄せている。「悲劇の千両役者 市川海老蔵」は、歌舞伎座の「異様な雰囲気」を余すところなく活写している。

 ***

「七月大歌舞伎」は、6月22日に妻・麻央さんを亡くした直後の市川海老蔵中心の座組で、4歳の息子・勸玄くんの初の宙乗りで話題になった舞台だ。矢野さんは、ほとんど演じられることのない珍しい演目である通し狂言『駄右衛門花御所異聞』を楽しみにしていたというが、状況は一転、日本中の視線が集中する舞台になった。

 海老蔵の近況が気がかりで、あらかじめ観て頂くようお願いしていた編集部としても、正直驚いた。矢野さん自身も、こう感想を漏らしている。

〈芝居を観ることを仕事にしている身にとって、「七月大歌舞伎」は絶対に見逃せない性質のものだ。複雑な立場に置かれた市川海老蔵に対して、冷厳な視線を送らなければならない、劇評を業とする者の残酷さを思わざるを得ない〉※〈〉は本文より引用、以下同じ。

「七月大歌舞伎」で海老蔵が演じたのは、昼の部で『加賀鳶』の道玄と『連獅子』の狂言師右近、親獅子の精。夜の部の『駄右衛門~』で、日本駄右衛門、玉島幸兵衛、秋葉大権現の3役を演じ、早替りや勸玄くんとの宙乗りを披露している。

 大ベテランの矢野さんにとっても、市川海老蔵という役者は〈まさに百年に一人現れるか否かという個性で、そういう個性を持った役者と同時代を生きることは、夏目漱石を気取れば「大變な仕合せ」〉であり〈なにをどう演っても歌舞伎にしておおせてしまう魔力を、生まれながらに身につけている〉。

 その桁外れの存在感ゆえ、梨園という閉鎖社会を軽々と飛び出し、メディアの寵児となったわけだが、さてその“親子共演”をどう見たのか。

初めての体験

 先に紹介したとおり、『駄右衛門~』は珍しい演目だ。歌舞伎は『勧進帳』のような名作上演が一般的であり、その際に注目されるのは役者の“藝”である。対して、上演機会の少ない『駄右衛門~』のような演目の場合は、その作品内容に観客の興味が集まる。しかし今回ばかりは、

〈ただただ妻を失った夫と、母を亡くした幼な児の共演という、考えてみればつくられたお芝居以上に、ドラマティックで希有な事象への同情心にあふれた客を前にして、その客を楽しませ、喜ばせなければならない役者の気持に、思いを馳せずにはいられなかった(中略)白狐姿の堀越勸玄が、文字通りちょこちょこと花道に登場したときに起った客席の歓声は、思わず「可愛い」と口にしながら涙ぐんでいる中年婦人などもいて、なんとも形容し難いものだった〉

 そして秋葉大権現が白狐をかかえて行う宙乗りは、

〈白狐が手をふる姿に大きな拍手を送る観客の目は、秋葉大権現と白狐に対してではなく、ここははっきり市川海老蔵親子としてとらえている。『駄右衛門花御所異聞』という芝居のなかに、作品上の展開とは別に、役者とその子供を見舞った悲劇が組みこまれ、それを我が身も一緒に受け入れようとしている観客によって成立している舞台に接したのも、初めての体験だった〉

 ***

 矢野さんによる「悲劇の千両役者 市川海老蔵」は、舞台評を軸に、私生活が丸裸になってしまう時代における「役者の藝の魅力の伝承」を問う。海老蔵はこれからもずっと舞台に立ち続ける。2人の子供の成長も世間の注目を集め続けるだろう。梨園では妻の仕事も大切であり、長くひとりでいるわけにもゆかない。多事多難が予期されるが、今はただ、麻央さんのご冥福を祈りたい。

「新潮45」編集部

「新潮45」2017年8月号 掲載

新潮社

最終更新:8/4(金) 11:49
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。