ここから本文です

長崎「ちりんちりんあいす」バラの形に盛れってか【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」】

8/4(金) 15:50配信

女子SPA!

【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」Vol.11 長崎「ちりんちりんあいす」】

 今回のテーマ食材はとても暑い日に届いた。

 毎回、食い物が送られてくるのは嬉しいが、何せ食ったら原稿を書かなければいけないので、数日寝かせることも、ままあった。

 しかし今回は箱に「アイス」と書いてあるのを発見して、瞬時に包装を八つ裂きにし、箱を開け、中を確認し、蓋を閉め、冷凍庫にぶち込んだ。この間わずか3分である。

◆アイスをバラの形に盛る「ちりんちりん」と「ババヘラ」

 なぜ、食わずにしまったかというと、キンキンに冷えた牛頭が入っていたからではない、ちゃんとアイスが入っていた。しかし「すぐには食えないアイス」が入っていたのだ。

 別に、鍋にうつしかえて火を通す必要があるアイスというわけではない。だが箱の中には、アイスが入っていると思われるケース、そしてコーン、ヘラが入っていたのだ。つまり自分でアイスをすくい、コーンに盛って食べる仕様なのだ。

 つまり「そういうことをする元気がある時に食べよう」と判断し一旦保留したのである。

 アイスをコーンに盛るだけで元気がいるって、どこの80歳児だと思ったかもしれないが、このアイスは、ただ昭和のデブキャラが食う飯の如くアイスをコーンに盛れば良いというわけではないのである。

 送られてきたアイスの正式名称は長崎、前田冷菓の「ちりんちりんあいす」だ。

「ちりんちりん」はこのアイスを移動販売する際鳴らした鐘の音が由来で、最大の特徴は、注文すると販売員の人が、アイスをバラの形に盛ってくれるという点である。

 アイスをバラ状にする、アイスの移動販売と言えば、秋田のババヘラも有名だ。

 ババヘラとは、売る人が妙齢の女性が多かったため「ババアがヘラで盛るからババヘラ」というド直球すぎるネーミングをされたアイスのことである。今この名前をつけようと思ったら、各所から物言いがつきそうだし、最悪炎上するかもしれない。それに比べたら「ちりんちりん」の名前は非常に優しい。

 つまりこのたび送られてきた「ちりんちりんあいす」は、自宅で、バラの形にアイスを盛って食べられる、という代物なのだ。

◆やってみたら花びらじゃなく花粉アイスになった

 私が子どもだったらテンション爆上がりだったと思う。保留どころか、すぐさまトライしようとして「夕飯食べたあとにしなさい」とお母さんに怒られるやつである。どうやらうちに来るのが30年ほど遅かったようだ。

 中年しかいない家に来てしまった不幸なちりんちりんあいすだが、逆に子どもよりは、上手くバラの花を作れるのではないだろうか。

 というわけで「元気がある時」と言ったが、私には元気がない時と、調子が悪い時しかないので、普通に元気がない時に、ちりんちりんあいすにトライしてみることにした。

 もんじゃ焼きを食べるような鉄製のヘラでアイスをすくい、コーンに盛っていくわけだが、これが凄く難しい。

 私が、菓子のビニール包装すら上手く剥がせず、いまだに歯であける逸材だということもあるが、まず、アイスを花びら状に削り取るのが難しい。

「花びら」というより「花粉」になってしまう。しかしそれも無駄には出来ないので、とりあえずコーンに盛る。結果、花粉症なら即死するような、花粉オンリーのバラができた。

 私が子どもだったらふて腐れて泣くし、私が母親で、子どもにこれを作ってあげたとしたら子どもは「コレジャナイ」と泣くやつである。嬉しいはずのアイスが涙しか呼び起こさないのは不幸である、うちに中年しかいなくて本当に良かったし、アイスで泣く中年もいなくて良かった。

◆30年前にもらってたら兄妹ゲンカしていた

 形は明らかに見本と違うが、もちろん味は大丈夫である。ちりんちりんあいすは、アイスというよりはシャーベットに近い食感でミルクセーキのような味だが、「アイスだがカロリーは低い」と謳われているように、さっぱりしている。夏に屋外で食べるにはちょうどいい。

 味はプレーンなミルク味に加え、いちごや、チョコ、長崎らしくカステラ入りなどもあるようだ。

 私は、カップアイスに、カステラが埋め込まれている(細かく切ったものではなくスタンダードな1カット)男らしいカステラアイスを見たことがあるので、これもバラにカステラが突き刺さっている前衛的なやつかな、と思ったら、アイス自体にカステラが配合されている模様だ。

 味を選んで、お取り寄せできるようなので、子どもがいる家庭へのお中元にしたら喜ばれるだろう。

 だが、もし私の子ども時代に、このちりんちりんあいすがうちに来たとしたら、4歳年上で私より器用な兄の方が上手く作っただろうし、それを見て私はふてくされて泣いたと思う。大人しい兄に食ってかかったかもしれない。

 そういう家庭ではケンカの元にもなるかもしれない、ちりんちりんあいすだが、アイスで大いに泣いたり笑ったりできるのは、やはり子どもの時だけなので、子どものうちに、泣いたり笑ったりしておけばよいと思う。

<文・イラスト/カレー沢薫>

【カレー沢薫(かれーざわ・かおる)】

1982年生まれ。OL兼漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』で漫画家デビュー。自身2作目となる『アンモラル・カスタマイズZ』は、第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。主な漫画作品に、『ヤリへん』『やわらかい。課長 起田総司』『ねこもくわない』『ナゾ野菜』、コラム集に『負ける技術』『もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃』『ブスの本懐』などがある

女子SPA!

最終更新:8/4(金) 15:50
女子SPA!

Yahoo!ニュースからのお知らせ