ここから本文です

金村義明氏が片岡篤史「檜風呂」応援誕生のきっかけを回顧

8/5(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「こんばんは! プロ野球ニュースです!」。深夜23時、佐々木信也氏による爽やかな語り口で展開される番組の放送を毎日心待ちにしていた人も多いだろう。地上波での放送は2001年に終わってしまったが、『プロ野球ニュース』はCSに舞台を移し、同じ名前、そしてスタイルのまま、現在も元気に放送を続けている。CS版『プロ野球ニュース』に出演する金村義明氏が、同番組について語る。

 * * *
 昔のスポーツニュースは巨人が中心で、パ・リーグは結果だけ。『プロ野球ニュース』はセパ6試合を平等に扱ってくれたから、パの選手に特に人気がありました。現役時代は試合でホームランを打って「今日のホームラン」に登場するのが目標。東京遠征では西麻布でテレビが見られるレストランをいち早く見つけ、ホームランを打った日はその店で夜食を食べたものです。

 加えて、この番組のオフ企画に取り上げられてこそ一流選手だと思っていました。加藤博一さんに自宅マンションまで来てもらった時のビデオはいまだに我が家の宝物です。

 僕が番組に出るきっかけになったのも、地上波の最後に日本ハム時代の片岡篤史の実家へ僕が遊びに行くというオフ企画でした。片岡が1000万円かけて父親に贈った檜風呂の一番風呂に僕が入る取材でしたが、その後片岡が阪神に移籍した時、阪神ファンに「実家は檜風呂~リフォーム~リフォーム~」と応援歌にされてしまい申し訳ないことをしました。でもそれぐらい野球ファンにも影響がある番組なんです。

 CSの『プロ野球ニュース』では、1人で3試合担当したこともあります。僕は現場主義ですから、テレビを3台置いて試合を見るのは抵抗がありました。それでも放送後に若いスタッフたちと「どうやれば他局に負けないか」といった反省会を麻布十番とかでやったものです。

 そうして18年が経過しましたが、いまだに大御所が顔を揃えるこの番組では中堅にもなっていない。この先何も変わらずに、このまま後輩として死んでいくんやろなと思っています(苦笑)。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2017年8月11日号