ここから本文です

橋本市議 今井議員と「一線超えたか」問題を会見から読む

8/5(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、不倫騒動の渦中にある、橋本市議の会見に注目。

 * * *
 元SPEEDの今井絵理子参院議員との不倫疑惑を報じられ、先週、急きょ会見を開いた橋本健神戸市議。「4~5年前から婚姻関係は破綻」「一線は越えていない」と釈明したものの、レポーターからの追及に大粒の汗を流していた。さて、この会見の真相は?

 たくさんのカメラが待つ会見場所に現れた橋本市議は、緊張した面持ちながらも落ち着いて謝罪し、ゆっくりと頭を下げた。不倫、略奪、不貞など、自分にとって好ましくない言葉を口にする度に瞬きが多くなる。だが、新幹線での手つなぎ写真について聞かれると、その時の情景を思い出そうとしたのか目を閉じ、「手をつないだのは私」と素直に認めた。

 瞬きは心の動きや無意識の感情を表しやすい仕草だ。自信がない時に瞬きが多くなる人もいれば、緊張している時に瞬きが多くなる人もいる。隠し事をしている時に瞬きが多くなる人もいれば、じっと目を見開き瞬きせずに嘘をつく人もいる。心の動きと瞬きの仕方や回数との関係は、人によってそれぞれ特徴がある。

 会見を見る限り、橋本市議は、自分にとって重要な事柄や感情が揺さぶられる言葉には、一瞬だが目を閉じたり、瞬きの回数が多くなっていた。婚姻関係について説明した時は「お恥ずかしい話」と言いつつ目をつむり、今井議員に「間違いなく恋愛感情を抱いていた」と言った時も目を閉じた。だが「不貞行為には当たらない」や「パジャマ姿で勉強会をした」と釈明した時など、自分はこう思っている、こうなのだと強く主張したい時は、瞬きが少なくなっていたようだ。

「本当に一線は越えていないのか」と聞かれ、「はい、越えていません」と言い切った時も瞬きはないが、額からはどんどん大粒の汗が噴き出していく。彼の中の緊張感も、汗と共にどんどん高まっていた感じだ。

1/3ページ