ここから本文です

あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

8/5(土) 8:12配信

ライフハッカー[日本版]

誰しも悪い習慣から抜け出すのは難しいものです。ジャンクフード、煙草、遅刻魔、常に携帯を見ているなど、やめた方がいいとわかっている悪習はたくさんあります。

【画像】あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

悪い習慣には、健康、評判、金銭などの対価があります。しかし、中でもたちの悪い習慣がいくつかあります。今回は、続けていると不幸になる11の悪習をお教えしましょう。こんな習慣のせいで、貧乏で不幸な人生になっていませんか?

1. 責任を放棄する

責任や説明責任を放棄する癖があると、特により大きなことを達成するために、小さなことを無視したり放置したりする言い訳にしてしまいます。するといっそう負担は増え、幸福を奪います。時間が経つと、責任を放棄したせいでひどい損害を引き起こし、幸福になる好機を無視したためにとても後悔することになります。幸せになる最大のチャンスをきちんと活かしてください。

2. 不平不満を言う

人生や仕事で成功するのは難しいこともありますが、常に不平不満を言っているとさらに難しくなり、周りの人もうんざりします。あら探しをしたり、うまくいかなかったことや理不尽なことにばかり注目したりしていると、自分自身を傷つけることになります。それよりも前向きに受け止めて、良いものに変えられることから変えていきましょう。

3. 自己不信

多くの人にとって、素晴らしい人生を送るのに自己不信は大きな障害となり、成功をさらに遠ざけることになります。自己不信はチャンスを奪い、責任を果たさないようにさせる、厄介で説得力のある(自分の頭の中の)声です。「自分はまだまだだ」と言う自分の声で、そんなことを自分で言っていることにすら気付かないこともよくあります。自分の頭の中の声に耳を傾け、ポジティブなことを言うようにしましょう。

4. 周りを責める

他人を責めるのは、自分を向上させたり努力をしたりする時間とエネルギーを奪います。自分の悩みを周りのせいにしたり世間を責めたりして過ごすこともできますが、そんなことをしていたら、自分が選んだ指導権や自分の人生を築く責任を否定することになります。他人を責めることをやめると、自分の持つパワーとつながり始めます。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。