ここから本文です

乗ってわかった!ホンダの新型『フィット』の○と×

8/5(土) 7:10配信

@DIME

 ホンダのコンパクトカー『フィット』がマイナーチェンジした。大きく改められたのはエクステリアデザインと運転支援技術「ホンダ・センシング」などだ。「ホンダ・センシング」では、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)とレーンキープアシストの2つが装備されることになった。『フィット』よりも上級のクルマでもこの2つが揃って備わっていないものもあるので、これは画期的だ。

【写真】乗ってわかった!ホンダの新型『フィット』の○と×

 2つはこのコラムで何度も紹介しているが、もう一度おさらいすると、ACCは車間距離を一定に保ちながら前車に追従しながら走り続ける装置。高速道路や自動車専用道を長距離走る時に使うと、疲労が確実に減る。レーンキープアシストは同じように高速道路や自動車専用道などで車線をハミ出しそうになると、クルマがハンドルを回して、それを回避してくれる装備だ。起こしていたかもしれない事故を未然に防いでくれる。

■機械として優れているか? ★★★★★(★5つが最高点)

『フィット』は単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせによって前方を監視し、2つを実現している。横浜周辺の首都高速で試してみたところ、その作動具合はナチュラルで違和感の少ないものだった。ACCの作動は確実だが、それを認識するメーター内右側のインジケーターがもっとわかりやすければ助かる。小さなクルマのアイコンが出るだけだ。その色が白を主体としているが、他のクルマのようにオレンジやグリーンなど色彩でも作動状況を表した方がわかりやすいと思う。

 レーンキープアシストはカーブの手前で解除されることが多かった。その際にはメーターパネルに警告表示が出るので自分でハンドルを切れば済む。本連載でも取り上げた『SUBARU XV』やボルボ『XC60』などもACCとレーンキープアシストを装備しているが、どちらもフィットよりも作動具合が強い。カーブでの解除も少ない。その分、慣れていないと違和感を感じるかもしれない。

 どちらが好ましいかは、オーナーになってみないとわからないので何とも言えない。いずれにせよ『フィット』がコンパクトクラスでACCとレーンキープアシストの2つを備えているというのは大いに画期的で、強力な商品力を得たことになる。

 また、昨年にフルモデルチェンジしたホンダ『フリード』がCarPlayとAndroidAutoを備え、スマートフォンをUSB接続することによって、カーナビ画面でインターネットに常時接続できるようになったことを受け『フィット』も同様にそれら2つのアプリを使用できる。

 今やクルマからインターネットへの接続は不可欠の機能となっていて『フィット』はこの点でも抜かりはない。他には静粛性の向上など改良が進められたところも確実に実を結んでいる。元々のセンタータンクレイアウトによるパッケージングが優れているところもあって、取り回しやすさも変わらない。短所が見当たらない。

■商品として魅力的か? ★★★★(★5つが最高点)

 先進的な運転技術を搭載し、コネクティビティにも優れている。パッケージングは本来的に優れており、細かな改変も実を結んでいる。新型フィットには短所が見当たらないと前述の通り、欲しいと思う人にはぜひ勧めたい。

 では、なぜ、満点に★がひとつ及ばないのかというと、あまりに完成され過ぎてしまっていて『フィット』に興味のある人には良いのだが、そうでない人を振り向かせるだけの力が弱いと感じたからだ。『フィット』自体の完成度は高いのだが、ライバルを選ぼうとしている人を振り向かせることができるだろうか?

 ライバルの1台に、昨年に登場した日産『ノートe-POWER』がある。こちらはエンジンを駆動ではなく発電だけに用いた画期的なアイデアを持つEV(電気自動車)だ。ガソリンで発電しながら走るのでバッテリー切れの心理的な抵抗感も小さく、価格も手頃だ。だから、売れ続けている。ショールームで試乗した人の多くが購入を決定しているらしい。確かに、あの強力でスムーズで静かな電気の加速を体験してしまうと買いたくなってしまうだろう。

『ノートe-POWER』には、新しく世に出てくる商品が持っている魅力がある。それまで体験したことのない感覚を知ってしまうと財布の紐は緩むものだ。『ノートe-POWER』には“新しさ”があるけれど、新型『フィット』にあるのは“熟成”と“安定”なのだ。

文/金子浩久

@DIME編集部

最終更新:8/5(土) 7:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント