ここから本文です

キャンプシーズンに注目したい「進化したハンモック」5選

8/5(土) 12:20配信

WIRED.jp

優れたハンモックは、森の中でうとうと居眠りする場所以上のものを与えてくれる。大人が空中に浮かんだ状態で優しく揺られながら眠ると、より早く、より深く眠りにつけると科学的にも証明されているのだ。

多様な発展を遂げている「進化したハンモック」5選

しかもハンモックには、長い歴史がある。初期のハンモックは西インド諸島のネイティヴアメリカンを毒をもつ危険生物から守り、そしてイギリス海軍の船員は数百年もの間、ハンモックをつり下げ式の簡易ベッドとして使用していた。また、アポロ時代の月面探査機には、宇宙飛行士が月面歩行の合間に睡眠をとれるよう、ハンモックが備わっていた。

最近になって、ハンモックの実用性について新たな一面が注目を浴びている。キャンプ用のハンモックは、自由に浮かべる超軽量シェルターとして活躍してくれるのだ。また、デザインの革新的な変化によって体を水平に保てるし、横向きでも快適に眠れるようになった。空中に浮かぶ「もうひとつのわが家」として、次に紹介する製品を考えてみてはいかがだろうか。

■01 Kammok「Sunda Tent Hammock」
あなたが探しているのはそよ風に揺られるシンプルなスリングタイプのもの? それとも本格的な2人用のキャンプシェルターの方がいい? Kammokの「Sunda」なら、その両方を叶えてくれる。ハイブリッドなテント式ハンモックは、地面に設営する広々としたメッシュ素材の2人用テントとして、前室付きの雨除けフライシェルターとして、またソロタイプのハンモックとして自由に形を変えられる。最高なのは、それらをひとつに組み合わせた1人用ハンギングシェルターだ。テントの床はハンモックになり、メッシュのカヴァーと雨除けフライが張り網の上を覆ってくれる。もっとスペースが欲しい場合は、レインシェルターの下にもうひとつハンモックを加えて使うことも可能。実用性を重視するキャンパーにはオススメだ。349ドル。

■02 Warbonnet「Ridgerunner」
ハンモックに寝たときに体が丸まってしまう感じが嫌だろうか。それなら、生地を引っ張るのにロッドを使用して水平感を出すブリッジスタイルのハンモックを試してほしい。なかでもWarbonnetの 「Ridgerunner」がベストだ。190ドル出せば、山型のメッシュカヴァー、睡眠時に頭を支えてくれるヘッドレストエリア、足を広げられるフットボックスが付いたハンモックが手に入る。両サイドの大きなサドルバッグポケットには、メッシュのネットを開けずにハンモックの中から手を伸ばせる。取り外し式の同社のタープのどれかと組み合わせれば、雨除けシェルターにもなる。用が済んだらファスナーを開いて収納ポケットにしまうことも可能。体を水平にして寝たい人にオススメ。190ドル。

■03 Amok「Draumr3.0」
従来のハンモックの場合、普段横を向いて寝ている人は悲惨なことになる。そんな人を救うのが、垂直に張るタイプの「ブラジル式」とも呼ばれるこのハンモックだ。底の部分に細いスペースをつくることで横向きに寝たときに体をサポートしてくれる。Amokの「Draumr3.0」は締め上げが簡単なサスペンションシステムや、ストラップやハンモック内に水が流れ込むのを防ぐフォームディヴァイダーなど、優れたデザインが特徴。さらに水筒用ポケット、虫よけネットが入ったポケットを含め、豊富な収納ポケットが付いている。ストラップを調節すれば、「ビールモード」と名付けられた、椅子のように真っすぐな形状にも変形させられる。Amokが「必要」と主張するスリーピングパッドを含めると、価格は300ドルから500ドルに跳ね上がる。商品パッケージは目に優しいが、実際のところ財布には優しくない。揺られながら横向きに寝たい人にお勧め。300ドル以上。

■04 Hennessy「Hammock Ultralite Backpacker Asym」
超軽量バックパッカータイプとしてベストな選択がHennessyの「Hammock Ultralite Backpacker Asym」だ。ハンモックとタープを合わせても重量はわずか1020g。価格も250ドルとお手頃。だが、本当に美しいのはそのアシンメトリーなデザインだ。ハンモック自体は長方形だが、肩と膝の近くにある2点の引張りポイントが対角線にポケットをつくり、体を水平な状態にするのをサポートし、動くのに十分な空間を両サイドに生み出してくれる。ナイロンタフタ製のハンモックと丈夫なリップストップ生地を使用したレインフライとスタッフバッグは、どんな冒険にも耐えられるほどの耐久性がある。荷物を最小限にしたいバックパッカーにオススメ。250ドル。

■05 Dutchware「Chameleon」
Dutchwareの最新モデルがクラウドファンディング上で目標額の10倍を超える20万ドル以上の資金を集めたことからも、Dutchwareがハンモック愛好家から愛されていることが分かる。「Chameleon」は、同社のモジュール型へのこだわりを引き続き採用している。リヴァーシブルなファスナーで、虫よけネットと上部に通気口がある耐水カヴァーを交換でき、またタープを加えれば防水仕様にもなる。Dリングを使用すれば複数の収納ポケットや、ハンモックのどちらの端にも吊り下げ可能なピークロフト、内部スペースを拡張できる固定ポイント(tie-outs)も付け加えられる。新しいチタン製サスペンションシステムの「ビートルバックル」は、拡張バーと組み合わせて同じ木の間にChameleon2枚を吊るすことも可能にしてくれる。また、「Chameleon(カメレオン)」という名前の通り、ハンモックは4色から選択可能だ。アクセサリー愛好家にオススメ。175ドル。

CHRIS WRIGHT

最終更新:8/5(土) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ