ここから本文です

アイドルの祭典「TIF2017」でアイドル声優 i☆Ris躍動

8/5(土) 16:30配信

KAI-YOU.net

2017年8月4日(金)から8月6日(日)まで、東京・お台場にて開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017(以下、TIF2017)」。

i☆Risのライブ写真たっぷり

開催2日目、メインステージの「HOT STAGE」に登場したのはi☆Ris。TIF2017公式サイトでは「アイドル界を代表するグループが続々と登場する夢のステージ」と紹介される地点に、声優とアイドルの活動を両立する彼女たちが立った。

i☆Risは山北早紀さん、芹澤優さん、茜屋日海夏さん、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんからなるユニット。2016年11月には日本武道館での単独講演を成し遂げ、この7月にはデビュー5周年を迎えた。

芹澤優さんは自身のTwitterで前日23時に「明日は最高の夏をみんなに届けてやるからな。まっとけ。アイドルに負けないアイドル声優になっちゃうぞ」と意気込みを見せた。

声優でありながらアイドルでもある。いま、両シーンにおいて輝きを増す彼女たちが、今年もTIFで躍動する!

『プリパラ』主題歌で幕開け! i☆RisのTIFがはじまる

ピースサインを見せながら現れた芹澤優さんをはじめ、笑顔と共に登場したi☆Ris。この日のステージは「Shining Star」で幕開けた。TVアニメ『プリパラ』第3シーズン4クール目のOP主題歌でもある1曲。

「キミがいれば どんな夢も掴めるから」の歌詞に合わせて観客を指差すなど、振り付けでもワクワクさせてくれた。

曲後に若井友希さんは「いいね!めっちゃ人いる!」と声を弾ませた。

山北早紀さんは「暑いと思うので、どんどん歌って、どんどん盛り上がっていきましょー!」と呼びかけ、「夏にぴったりの曲」と紹介された「真夏の花火と秘密基地」へ。

盆踊りのような手の動きを見せるなど、夏らしさを思わせるフリも交えながら、ひと夏の出来事を胸に前へと進みだす気持ちを歌う。「さあ 夏を始めよう!」の言葉が会場に響きわたった。

休みなく3曲目の「jewel」へ。一転してアッパーなダンスチューンに、わずかにセクシーな空気が含まれるこの曲では、それまで笑顔を絶やさなかったi☆Risも悩ましげな表情や、誘うような仕草を見せる。

特に、若井友希さんは「憑依した」という言い方が似合うほど、大人びた印象を残すステージング。メンバーでは最も小柄ながら、存在感が際だった。久保田未夢さんが見せた、目尻を指差すような仕草も艶っぽさを感じさせた。

曲後のMCでは久しぶりの野外ライブであることに触れ、山北早紀さんは「ホントに暑い!HOT STAGEだね!」と和ませた。続けた『幻想曲WONDERLAND』は、イントロが流れると観客から歓声が!

観客から高速の三連Mixも捧げられたi☆Risは、曲中でメンバー2人ずつが手を取り合って踊ったり、バレエのような足の運びを見せたりと、ダンスでも楽しませる。

芹澤優さんと共にセンターポジションを務めた茜屋日海夏さんは、のびやかに身体を動かし、線の美しさを感じさせた。

山北早紀さんが「フォーメーションで盛り上がっていきましょう!ラスト1曲!」と高らかに叫ぶと、『DIVE TO LIVE』へ。

扇子を持ったかのように手を左右に振ったり、ステージを縦横無尽に動き回ったりと、攻めの楽曲をi☆Risは熱唱。曲中では芹澤優さんが先導して「i☆Risはー?」「超かわいいー!」と観客とのコール・アンド・レスポンスも楽しんだ。

元気と熱気をあふれさせ、この日のHOT STAGEでは計5曲を駆け抜けた。

「以上、i☆Risでした!ばいちゅっちゅ~!」とお決まりのセリフと共にステージを後にした姿は、まさに芹澤優さんが意気込みで語った「アイドルに負けないアイドル声優」たちだった。

最終更新:8/5(土) 16:30
KAI-YOU.net