ここから本文です

あえて挙げたい巨人の17年プラス要素。坂本、菅野、田口、陽…「次代への土台作り」は着々【死亡遊戯コラム】

8/5(土) 10:00配信

ベースボールチャンネル

 7月以降は15勝10敗1分け(8月4日時点)。序盤は13連敗もあり苦しんだ巨人がようやくAクラス争いに参入してきた。主力陣の高齢化、不可解なベンチワーク、そして山口俊の不祥事とマイナス面ばかり報じられることの多いチーム状況だったが、今回はあえて「2017年の由伸巨人プラス要素」を挙げてみよう。

美人すぎる女子プロ野球選手特集【加藤優】

■投打の大黒柱・坂本勇人と菅野智之の活躍

 昨年の坂本はキャリア初の首位打者獲得も、13年~15年は打率.270前後、15本塁打前後という寂しい数字が続いていた中での突然の覚醒に見えただけに、その成績を持続できるのか? 今季は注目された。
 
 すると蓋を開けてみたら、打率.334、12本塁打、50打点、11盗塁、OPS.905は全部門チームトップ。得点圏打率.378はリーグトップと堂々たる成績だ。ショートを守り、キャプテンを務め、宮崎敏郎(DeNA)と首位打者争いを繰り広げている。

 7月9日の阪神戦(甲子園)では28歳6カ月と右打者としては史上最年少での1500安打達成。昨季は年間168安打、今季もすでに122安打を記録し、順調に行けば31歳での2000安打達成も現実味を帯びてくる。ちなみにNPB最年少記録は榎本喜八の31歳7カ月、同2位は張本勲の32歳2カ月。これから坂本が球史に残るレジェンドたちにどこまで迫れるかも注目である。

 投手陣では菅野智之が11勝4敗、防御率1.99で両部門ともリーグトップ。さらに投球回126 2/3もリーグ最多だ。好投しても勝ちに恵まれず9勝に終わった昨季とは対照的に序盤から順調に勝ち星を積み重ねる背番号19。セ・リーグでは89年の斎藤雅樹以来の3戦連続完封も記録し、名実ともに絶対的エースとして定着しつつある。

 早いものでこの10年、チームを支え続けた阿部慎之助は38歳、内海哲也も35歳だ。彼らから一世代下の28歳坂本と27歳菅野への王道継承。2017年はチームの柱が完全に世代交代したシーズンとして後々語り継がれるのではないだろうか。


■高卒4年目左腕 田口麗斗の安定感

 若手が育たない、25歳以下の生え抜き野手本塁打0とマイナスの話題が多い野手陣とは対照的に、投手陣では4年目の田口麗斗が順調に成長している。9勝2敗、防御率2.43。17試合先発してQS(6回以上を投げ自責点3以下)を13試合で記録という安定度。いまやリーグ屈指のサウスポーと言っても過言ではないだろう。

 ルーキーイヤーの1年目からその球を受けた先輩捕手に「あいつはモノが違う」と言わしめる実力を見せ、2年目には1軍で13登板中12試合で先発。当時、セットアッパー山口鉄也が徐々に衰え、同い年の松井裕樹(楽天)のようなリリーバー起用の可能性もあったが、首脳陣の「田口は何がなんでも先発投手として育てる」という意志が見える起用法だった。

 3年目の昨季は10勝を記録。巨人の高卒3年目以内での2桁勝利はあの桑田真澄以来の快挙だった。89年生まれの菅野と95年生まれの田口。ここに助っ人右腕マイコラスを加えた全員20代の先発三本柱は、他球団にとっては短期決戦のポストシーズンで最も当たりたくないチームとして警戒されるはずだ。


■待ちに待ったトップバッター陽岱鋼の定着

 ここ数年、巨人を悩ましていたのが「1番センター」の不在だった。09年新人王の松本哲也もその後停滞し、15年には立岡宗一郎が規定打席不足ながらも91試合で打率.304を記録するも、翌年から失速。なにより坂本とともにチームの柱を期待された長野久義は14年オフに膝を手術後は攻守ともに精彩を欠いている。

 そこでFAで日本ハムから獲得したのが陽岱鋼だ。キャンプから下半身の違和感で出遅れたものの、6月6日の西武戦(メットライフドーム)で「1番センター」として移籍後初出場。その後、チーム事情で5番や6番を打つことも多かったが、7月末から再び1番復帰すると、3日のヤクルト戦(神宮)では先頭打者アーチを含む2打席連続弾。翌4日の中日戦でも2試合連続の先頭弾を含む3安打猛打賞。41試合、打率.313、7本塁打、18打点と今季のFA加入組では唯一期待通りの活躍を見せている。

 このセンターを任せられる陽の加入により、同じ右打ち外野手の長野の負担を減らし、試合終盤にライト長野に代わり守備固めの投入という采配も可能になった。突き詰めると「2番マギー」という攻撃的スタメンを可能にしたのも、上位でも下位打線でも安定した成績を残せる陽の存在が大きかったように思う。

 坂本と菅野の活躍、田口の成長、1番センター陽の定着。こうして2017年の収穫を挙げていくと、なんだかんだ言われながら着々と「次代のチームの土台作り」が進んでいることが分かる。

 あとはその土台の上で躍動する若手選手の出現を待つばかりだ。


中溝康隆

ベースボールチャンネル編集部