ここから本文です

京急の車両を再現!JOYSOUNDに乗務員気分が満喫できる「京急電鉄カラオケルーム」登場

8/5(土) 17:10配信

@DIME

エクシングの子会社で全国にカラオケ店舗を展開するスタンダードは、京浜急行電鉄監修のもと、カラオケルームに京急電鉄の車内を再現。「京急電鉄カラオケルーム」として2部屋をJOYSOUND品川港南口店(東京)に開設した。

これまでにないカラオケとして注目を集めている「鉄道カラオケ」。運転席からの展望映像とともに表示される運転士の喚呼や車掌のアナウンスのテロップをマイクで読み上げることで、本格的な乗務員気分が味わえるコンテンツだ。

昨年4月に第一弾として配信を開始した「京急電鉄」編を皮切りに、現在では「東武鉄道 東武東上線」編「東京メトロ 丸ノ内線」編「南海電鉄」編の全26区間がカラオケとして配信されている。

そんな「鉄道カラオケ」を、よりリアルに体感してもらうために企画された今回の「京急電鉄カラオケルーム」。まず「リアル運転士・車掌体感ルーム」は、正面に液晶を挟んで左右の壁面に車窓からの風景を投影するほか、ソファの代わりに対面のロングシートを設置している。

そして「KEIKYU車内体感ルーム」では、車掌マイクとスピーカーに加え、クロスシートを設置。また、網棚や吊り革も取り付けられており、カラオケルームにいながらも、まるで京急電鉄の電車の車内にいるかのような気分を味わうことができる。このほか、乗務員になりきれるオリジナルコスプレグッズの貸し出しや、それぞれの部屋に「車掌非常スイッチ」や「連絡ブザー」をはじめとした貴重な車両備品を展示するなど、鉄道ファンにはたまらない空間に仕上げられている。

なお実施期間は半年間の予定。鉄分の濃い人は乗り遅れないように!

■『京急電鉄カラオケルーム』 
(1)「リアル運転士・車掌体感ルーム」(定員数12名・禁煙)

※設備一覧
・車窓投影プロジェクター
・運転台(模擬マスコン付き)
・車掌ステージ(車掌マイク&スピーカー)
・ロングシート
・車体備品展示

写真はイメージとなります。

(2)「KEIKYU車内体感ルーム」(定員数4名・禁煙)
網棚や吊り革、クロスシートを設置し、実際の客席を完全再現したトレインルーム!ショーケースには貴重な車体備品などを展示。

※設備一覧
・車掌マイク&スピーカー
・クロスシート&ロングシート
・網棚&吊り革
・車体備品展示

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/5(土) 17:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた