ここから本文です

浦和が88分に痛恨の失点… 大宮とのさいたまダービーに2-2で引き分け、新体制初陣飾れず

8/5(土) 21:30配信

Football ZONE web

ホームで二度のリードを守れず

 浦和レッズの監督交代後の初戦となった“さいたまダービー”は、2-2の引き分けに終わった。5日のリーグ第20節で、ホームに大宮アルディージャを迎え撃った浦和は後半にMF柏木陽介のゴールで勝ち越したが、試合終了2分前に同点弾を許して引き分けた。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 前節のコンサドーレ札幌戦に0-2で敗れた後にミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、堀孝史コーチを監督に昇格させた浦和は、3バックを継続。DF槙野智章が出場停止の左ストッパーには、MF宇賀神友弥を下げた。そして左ウイングバックにはMF菊池大介を、リーグ戦では4月16日のFC東京戦以来のピッチに送り込んだ。

 拮抗したゲーム展開のなかで、浦和が先に大きなチャンスを得た。FKからの流れで大宮守備陣のハンドでPKを得ると、キッカーはFW興梠慎三。古巣対決となった大宮GK加藤順大を助走のフェイントで先に倒し、ゴール左に冷静に蹴り込んだ。この前半27分の先制点で浦和が1-0とリードして後半に入った。

 後半も浦和は危なげなくゲームを進めていたが、まさかの形で同点ゴールが生まれた。後半21分、自陣で相手オフサイドによりFKを得た浦和は、宇賀神がDF遠藤航に横パス。しかし、遠藤はこのパスに全く気が付いておらず、ボールは大宮FWマルセロへ。そのマルセロからパスを受けた途中出場のFWマテウスが左足で冷静に蹴り込み、1-1の同点となった。

リーグ3試合ぶりの勝利ならず

 しかし直後の同24分、浦和は菊池が左サイドを突破すると低いクロスをゴール前へ。これに大宮GK加藤が飛びついたがゴール前にボールをこぼしてしまい、走り込んだ柏木が蹴り込んで2-1の勝ち越しゴールを挙げた。

 浦和の新体制初勝利が近づいた後半43分、大宮は右サイドからアーリークロスを上げると、途中出場のFW瀬川祐輔がDF遠藤航と競り合いながらヘディングシュート。高く弾んだボールはGK西川周作の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

 残り僅かのところで勝利をつかみ損ねた浦和は、リーグ3試合ぶりの勝利とはならず。堀新体制の初戦はドロー決着となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/5(土) 21:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新