ここから本文です

志田未来がオトナの土ドラ (東海テレビ作品) で演じる「ウツボカズラ女」とは?

8/5(土) 21:00配信

週刊女性PRIME

 攻撃的ではないが、訪れたチャンスは逃さず飲み込む。食虫植物“ウツボカズラ”のように、したたかに生きる女を演じる志田未来。志田のイメージを一新するような役柄などキャスティングへのこだわり、痛快エンタメ作品の見どころを『ウツボカズラの夢』(8月5日スタート フジテレビ系 土曜夜11時40分~)のプロデューサーが激白。

【この記事のすべての写真を見る】

大塚、ドラマ主演10作目&こだわりのキャスト

 自らは動かず、獲物の欲望を利用して目的を遂げる食虫植物のウツボカズラ。今作のヒロインは、そんなウツボカズラのような18歳の少女、未芙由(みふゆ)だ。原作は直木賞作家、乃南アサの同名小説。未芙由を演じる志田未来は、ドラマ主演作10作目にあたる今作について意欲的だ。

「今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります」(志田)

 制作した東海テレビの松本圭右プロデューサーは、原作が上梓(じょうし)された9年前から、映像化したいと考えていたという。

「ドラマ化が決まり、改めて原作を読み返したとき、僕の頭の中では志田さんが未芙由として動いていたんです。志田さんには、“今まで培ってきたものを100だとしたら、200の志田未来でお願いします”と、依頼しました。撮影が始まると、希望をはるかに上回り、500くらいの力を見せてくれています! 

 例えば、百面相どころじゃない未芙由の表情の変化を見ているだけでも、1時間はあっという間だと思います。微妙なニュアンスの演技など、まだ何か出てきそうだと、末恐ろしい気持ちで、毎日撮影しています(笑)」

 母の死後、父とその愛人に家を追われた未芙由は、母の従妹である鹿島田尚子の家に身を寄せることに。未芙由は、望んでも手に入れることができない富に恵まれた鹿島田家の暮らしぶりを目の当たりにし、世の理不尽さを感じる。

 そして、鹿島田家の中に自分の居場所を求め、“ウツボカズラ女”と化していく──。

 お嬢さま育ちの専業主婦の尚子役に、大塚寧々をキャスティングすることにもこだわったという。

「行動に理屈を伴わないというか、その瞬間、瞬間で生きているような尚子は非常に難しい役どころです。演者によっては説得力がなくなってしまうと危惧していました。包容力のある大塚さんが演じてくだされば、尚子は生きた人物としての説得力があると確信し、無理を言ってお願いしました」(松本P、以下同)

 未芙由と尚子のほかにも、尚子の友人で夫に逃げられたセレブ妻(国生さゆり)、計算高い不倫女、妊娠で妻の座を得た女たちが登場。さまざまな女たちが幸せを求めて生きる姿を丁寧に描いている。彼女たちの中で勝者となるのは、いったい誰? 

 オリジナルキャラで尚子のボランティア仲間(松本利夫)にも注目という。

1/2ページ

最終更新:8/5(土) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)