ここから本文です

ネイマール代役を探すバルサ。ディバラ獲得のためMF2人をユーベに譲渡も?

8/5(土) 23:02配信

フットボールチャンネル

 ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得を狙うバルセロナは、条件として2人の選手の譲渡をユーベに提案することを考えているという。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が5日付で伝えた。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 FWネイマールをパリ・サンジェルマン(PSG)へ放出したバルサは、主力FWを失う引き換えに契約解除金の2億2200万ユーロ(約290億円)という大金を手にすることになった。この資金を活用し、ネイマールの穴を埋める新戦力の獲得に動くとみられている。

 補強のターゲットだとみられているのはディバラのほか、PSGのアンヘル・ディ・マリアやリバプールのフィリッペ・コウチーニョ。バルサのエースであるリオネル・メッシはアルゼンチン代表チームメートであるディ・マリアの加入を望んでいるようだがPSGは放出に応じず、リバプールもコウチーニョの残留を主張し続けている。

 バルサがディバラの獲得に動くとすれば1億2000万ユーロ(約156億円)の取引になると見込まれ、代理人次第では1億4000万ユーロ(約182億円)にも達する可能性があるという。そこでバルサは取引の一環として、MFアンドレ・ゴメスとMFラフィーニャの2人をユーベに譲渡する形も視野に入れているとのことだ。

 だがユーベはディバラを手放すつもりはないという姿勢を維持しており、本人もユーベへの忠誠を誓っている。バルサはネイマールの代役となるビッグネームを手に入れることができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ