ここから本文です

帰省の手みやげ、予算の相場は?通販サイトから直送は失礼?

8/5(土) 8:50配信

女子SPA!

 お盆休みを利用して地元へ里帰りをする予定の人も多いのでは? 「これを買ってきて」とリクエストされている物があれば話は別ですが、帰省土産は毎回どこで何を買うのかが迷いどころですよね。

⇒【グラフ】姑・舅も「手土産の郵送OK」派が多い。

 そこで今回は、ぐるなびが7月に実施した「帰省の手土産」調査の結果をもとに、帰省土産にまつわる最新事情をご紹介します(サンプル数:この夏実家への帰省で手土産を購入する20~60代、739人)。

◆20~30代の予算の相場は…

 帰省の手土産選びで気になるのは、やはり金額。気になる一軒あたりの平均額は、2418円。これを年代や未婚・既婚で見ると、20代未婚者の平均は1715円なのに対し、20代既婚者は1828円。30代未婚者の平均は2604円なのに対し、30代既婚者は大きく金額を下げて2047円となっています。30代既婚者は同世代の未婚者より手土産にお金をかけない傾向があるようです。

◆買う場所は駅よりデパート。ネット通販「利用したい」が6割

 ここでちょっと気になるデータが出ています。帰省土産の購入先として最も多かったのは「デパート(駅・空港構内以外)」、次いで「駅・空港内のお土産売り場」が続き、「EC(インターネット通販)」と回答した人は約1割にとどまりましたが、今後「ECを利用したい」と考えている人は約6割に上ることがわかりました。

 その理由としては、「わざわざ店頭へ買いに行く必要がないから」という意見が最多で37.3%。他にも「ポイントが貯まる」「営業時間を気にしなくていい」など、お得感や気軽さを魅力に感じている人が多い様子。特に女子SPA!読者のような働く女性にとっては、時間の有効利用にも活用できるというわけです。

◆姑・舅(しゅうと)も「手土産の郵送OK」派が多い

 既婚者にとって気になるのは、帰省の手土産購入にECを利用し、直接郵送で帰省先に送ることを姑や舅がどう思うかということ。ところが、姑・舅の約9割は「抵抗なし」と回答しています(回答者:329人)。

「子供が小さいから移動の手荷物は減らしたほうがいい」「最近では一般的」など、理解を示す人が大多数を占めました。

◆帰省の手土産にオススメのECサイト3選

 いざECサイトで帰省の手土産を選ぼうと思っても、いっぱいありすぎてどのサイトを見ればいいかわからないというあなたにオススメのサイトをご紹介します。ヒントは目利き。

■ぐるすぐり

 今年4月にオープンした、ぐるなびが運営するECサイト。シェフや秘書、著名人など食に関する知識が豊富な人たちの目利きによる、全国各地の選りすぐりの逸品が購入可能となっています。

■47CLUB

 日本全国45の地方新聞社が厳選した逸品を集めたお取り寄せサイト。メディアが注目した「お取り寄せ」の逸品として、テレビで紹介された今注目の商品も紹介されています。

■東急百貨店ネットショッピング

 帰省の手土産購入場所でもっとも多かったデパート。目の肥えた百貨店バイヤーが選ぶ商品はECであっても安心感抜群。送料無料の商品も多く掲載され、EC初心者にオススメのサイトです。

 これまで躊躇していたアイスなど冷凍食品やお酒など重いものも、ECで直接送れば持ち歩かずにすむので選択肢が広がりそう。

 また、「インターネット限定商品」のように、期間限定のお得な商品や、特別なセット商品があるなど、店頭では買えない商品も。EC利用でネックとなる送料がショップによっては無料の場合もあるので、上手に利用したいですね。

【調査概要】ぐるなび「帰省の手土産調査」

■調査日:2017年07月7日(金)~07月10日(月)

■調査方法:インターネット調査

■調査対象者:ぐるなび会員の20-69歳の男女

■サンプル数:この夏実家への帰省で手土産を購入する人 739件(総サンプル数:2396件)

<TEXT/女子SPA!編集部>

女子SPA!

最終更新:8/5(土) 11:51
女子SPA!