ここから本文です

海とつながるプールや10万円スパ、トランジット新施設の制服を「Nハリ」尾花がデザイン

8/6(日) 15:00配信

WWD JAPAN.com

 神奈川県の大磯プリンスホテルが7月、客室棟のとなりに新設のスパ施設「サーマル スパ エス ウェーブ(THERMAL SPA S.WAVE)」をオープンした。1階にはホテルフロントとレストラン・バーがあり、3、4階に湘南の海を一望できる温泉・スパを設置。“日常から解放されたゆらぎの旅”をコンセプトに、温泉や海と一体化した感覚を味わえるインフィニティプール、プライベートスパ、サウナなどを用意した。

 施設コンセプトやプロジェクトメンバーのキャスティングなど、全体のプロデュースをトランジットジェネラルオフィスが担当した。グラフィックデザインを「アシックス(ASICS)」のロゴなどを手掛けたNYのスタジオ・ニューワーク(STUDIO NEWWORK)が製作。館内のユニフォームデザインは尾花大輔「 N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」デザイナーが手掛けた。

 8月31日までは宿泊者専用スペースとして活用するが、9月1日以降はスパ施設だけの利用も可能になる。宿泊者は無料で利用できるが、スパだけの利用には4500円(小学生2000円、未就学児無料)がかかる。プライベートスパの利用には別途5万~10万円が必要だ。

最終更新:8/6(日) 15:01
WWD JAPAN.com