ここから本文です

★トランプの強面用心棒

8/6(日) 11:01配信

中央公論

 身長一九三センチのがっしりした体躯に、短く刈りあげた白髪頭─。トランプ米大統領に常に付き添い、周囲に鋭い眼光を投げかける男が、注目を集めている。
 キース・シラー。五十八歳。無口で職務に忠実な、トランプが最も信頼する・用心棒・と言われている。
 元ニューヨーク市警の刑事で、一九九九年からトランプのボディーガードを務める。現在は大統領執務室前の机に陣取り、にらみをきかせる。トランプに近づく活動家の顔面を殴りつけ、訴訟沙汰になったことまである。米大統領の警護はシークレットサービスが一手に担うのが伝統で、その存在は極めて異例だ。
 役人嫌いのトランプは、重要案件にシラーを使い始めた。
 五月九日、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃解任した際には、FBI本部に解任通知を届けた。
 シラーが手にしていたメモに国防長官の携帯電話番号が書かれていたことが新聞の報道写真でわかり、大騒ぎとなったこともある。それでもどこ吹く風で、トランプの寵愛は一向に変わっていない。
(了)

最終更新:8/6(日) 11:01
中央公論

記事提供社からのご案内(外部サイト)

中央公論

中央公論新社

2017年12月号
11月10日発売

定価930円