ここから本文です

【時短レシピ】冷蔵庫に余りがちな佃煮にプラスするだけ!時短&激旨おつまみ

8/6(日) 8:00配信

Suits-woman.jp

今時期は、冷茶漬けの供に登場することの多いコウナゴの佃煮。ですがたくさん食べられないし、持て余しがち。旅行のお土産を持て余している人もいるのでは? この佃煮にピーナッツバターを合わせたら、なんともまろやかな味わいのペーストに早変わり。ほろ苦い野菜と合わせたら辛党も甘党も納得のおつまみに。クラッカーに塗ってもいけます。

【コウナゴ ピーナッツペースト】

材料(作りやすい1回量)
・コウナゴの佃煮(または、イカナゴのくぎ煮) 大さじ1
・ピーナッツバター(無糖。加糖でもよい) 大さじ1
・アマニオイル 小さじ1
・チコリ 2~3枚

作り方

1・小さな器にコウナゴの佃煮、ピーナッツバター、アマニオイルを入れ、菜箸で混ぜる。

2・皿にチコリと一緒に1を盛り付ける。

茹でアスパラガスにもピッタリ。

Point.
ピーナッツバター&アマニオイルの代わりに、白ゴマペースト&太白ゴマ油でもOK。より和風になる。

夏の料理は簡単&あっさりになりがち。ですが、ちょっともの足りなくて味の濃いものが欲しい時もありますよね。今回は佃煮をアレンジしましたが、ほかにも、牛肉のしぐれ煮を鍋に入れて少し水を足し、スライスしたタマネギを加えてさっと加熱&卵でとじれば、すき煮風のおかずに。保存のきく総菜をうまく利用した時短調理こそ、まだまだこれから続く暑い夏を乗り切る技です。

最終更新:8/6(日) 8:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。