ここから本文です

誰が「Flashゲーム」の数々を後世に残すのか。「Flash」終了はゲーム界では“悲報”

8/6(日) 18:50配信

WIRED.jp

アドビの「Flash」が2020年にサポートを終了することになり、ネットの世界に“平穏”が訪れることになる。だが、ゲームの世界にとってはそうではない。かつて一世を風靡し、ゲーム史において価値のある「Flashゲーム」の数々が、消滅の危機にさらされることになるからだ。

アドビの「Flash」、今度こそ本当に終了

インターネットはゲームとは切っても切れない関係にある。ゲームを探したりゲームについて話し合ったりする場所として、そしてプレイする場所として、インターネットは必要不可欠であり続けてきた。そして長い間、これは「Adobe Flash」を使うことを前提にしていた。

これまで論争の的になっていたFlashが、とうとうインターネットからの“退場”を通告された。アドビは2020年にFlashのサポートを終了し、コンテンツクリエイターたちはHTML5のような信頼性の高いプラットフォームへ移行しなければならない。Flashが一夜にして消えてなくなってしまうわけではないが、数年かけてこの世から消滅することになる。

多くの人にとっては、いい知らせかもしれない。Flashは動作が遅く、重く、エラーが起きやすいことで悪名高い。Flashを使えばウェブページの質が下がる。しかし、ゲームの世界にとってFlashの消滅は、まさに青天の霹靂である。特にデジタル時代を彩ってくれたゲームたちにとって、これは大悲劇なのだ。

Flashは無料ゲームの隆盛をもたらした

若いユーザーのために説明しよう。アドビが買収する前の旧マクロメディアが生み出した「Flash Player」は、かつて天からの贈り物のような存在だったのだ。2000年代前半から中盤にかけてFlash Playerは、ウェブページに動画や映像の埋め込みを実現する、機能性が高く信頼できるツールだった。アニメーションの作成から実写映像まで埋め込みが可能で、そして何よりゲームを楽しむことができたのである。

Flashゲームの誕生は、当時のゲーム業界において最も重要、かつ驚くべき出来事だった。Flashゲームで遊べるサイトがネットに増殖し、数えきれないほど多くの無料ゲームを楽しむことができた。ここで生まれた多くのサイトは短く不思議な運命をたどることになるが、その中心にあったサイト「Newgrounds」と「Kongregate」は現在も存在している。

これらのサイトでは「ブレイクアウト」(Breakout)のようなアーケードゲームを楽しめたが、当時は個人的にもっと“秘密めいた”ゲームに興味があった。人気アニメ「キング・オブ・ザ・ヒル」のキャラクターが登場するペイントボールゲーム(おそらく違法コンテンツだったと思う)に半日熱中したこともあったほどだ。

Flashゲームは大げさなコミックのようなスタイルに向いていたため、その「美しいグロテスクさ」に愛情すらわいた。現代の多くのゲームと同様に、Flashゲームの最高作品は純粋さと残虐さを見事なほどに兼ね備えていた。

1/2ページ

最終更新:8/6(日) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc