ここから本文です

【UVケアの真実教えます!】なぜ日焼け止めを塗ってもシミができるの? [VOCE]

8/6(日) 11:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

事の始めはVOCE5月号。美白に関する疑問を募集したところ予想以上の回答が。美容知識の深さが伺える難問も多く、全力で答えるため、最強の賢者を揃えました!

Q.1 今年のUV、“買い”はどれ?

“美白とUVケアの融合”元年ともいえる今年は、秀作揃い。タイプ別に複数買うのも手!

【ランコム】UV エクスペール BB

軽いつけ心地で広がり、ピタッと密着。くすみを飛ばして明るく均一な肌色に整え、大気汚染もブロック。SPF50・PA++++ 30ml

【SK-II】アトモスフィア エアリー ライト UV エマルジョン

肌に打撃を与える赤外線と大気汚染からも鉄壁ガード。同時に肌色を明るくし、シミを改善!SPF30・PA+++ 30g

【オルビス】サンスクリーン スーパー

快適な質感で汗や海水に触れると紫外線ブロック膜が強化される処方を界面活性剤不使用で実現。SPF50+・PA++++ 50g

【ニールズヤード レメディーズ】ナチュラル UVプロテクション

透明に近いミネラルフィルターで白浮きなく強力ガード。さらに和の植物エキスでダメージケアも。SPF30・PA+++ 40ml

【クレ・ド・ポー ボーテ】クレームUV

エイジングケアクリームにUVケアをドッキング。輝くハリ肌を守って育む。SPF50+・PA++++ 50g

Q.2 どうやって紫外線をカットしているのか教えて!

“物理的にブロックしたり、別のものに変換したり”
「散乱剤で紫外線を反射・散乱して遮断する方法と、吸収剤で紫外線を吸収して熱などに変換して放出する方法があります」(佐藤さん)2つを組み合わせたものも。

Q.3 なぜ日焼け止めを塗ってもシミができるの?

“紫外線は100%は防げません!”
「どんな日焼け止めも量が不足していたり塗りムラがあると焼けることがあります。肌荒れやホルモンの乱れもメラニン生成を促し、焼けなくてもシミになる場合も」(佐藤さん)

Q.4 適切なSPF・PA値が知りたい!

“日常生活ではSPF25・PA+++、レジャーではSPF50・PA++++”
「数値は目安でSPF50でも大切なのはこまめな塗り直し」(千葉先生)「汗をかいたり、肌がこすれたら塗り直しを。ウォータープルーフも海の中で多少落ちます」(佐藤さん)

Q.5 海に行っても顔だけは絶対に焼きたくないんです!

“何重にも重ねて厚みをつくる!”
「私がサーフィンをするときはウォータープルーフ処方を3度重ねてから、接着剤役を果たすクリームタイプのUVを。仕上げに粉をつけて物理的な壁を分厚く」(安倍さん)

1/2ページ