ここから本文です

インテル主将の“お騒がせ妻”が同僚の移籍を暴露!? 「最後の日」とSNSに投稿し話題に

8/6(日) 9:52配信

Football ZONE web

イカルディの妻ワンダ・ナラが、メデル妻との2ショット写真を投稿

 インテルの主将FWマウロ・イカルディの妻であり代理人のワンダ・ナラが、チームメイトの移籍が決まったことをSNS上で暴露したと話題になっている。

【写真】イカルディの“お騒がせ妻”ワンダ・ナラが投稿し、物議を醸す2ショット写真

 ワンダ・ナラは、インテルのチリ代表MFガリー・メデルの妻との2ショット写真を自身のインスタグラムに投稿。そして、「(ミラノでの)彼女の最後の日、友人とともに過ごす」とのコメントを掲載した。

 メデルはトルコの強豪ベシクタシュに、移籍金400万ユーロ(約5億2000万円)で放出されることが確実視されている。しかし、両クラブから公式な発表がされていない段階で、メデルがミラノを離れることを暴露してしまった。

 ワンダ・ナラはこれまでも、様々な行動によって物議を醸してきた人物だ。イカルディの代理人としては、昨季開幕前の移籍市場で昇給の約束を不履行されたことを暴露し、インテルから移籍すると息巻いた。しかし、それは選手本人の意向に沿ったものではなく、イカルディ自身がクラブへの釈明と火消しに追われた。

「呪われた移籍市場」とのコメントも

 元より、サンプドリア時代に前夫のFWマキシ・ロペスとチームメイトだったイカルディと不倫関係になり、離婚から再婚へと進んで大きな批判を浴びた。その後、両者が対戦した際にはロペスがイカルディとの握手を拒否するなど多くの遺恨を残しながら、ポルノビデオへの主演やイカルディとの夜の生活をあけすけに語るなど、お騒がせ行動を連発。危険な存在として認識されている。

 そして今回は、移籍市場での交渉の大詰めというデリケートな時期にSNSで情報を拡散した上に、「呪われた移籍市場」ともコメント。イカルディにとっては頭の痛い問題となりそうだが、ワンダ・ナラ自身に1年前の教訓は全く生きていないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/6(日) 9:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ