ここから本文です

【ポップな心霊論】「担当編集の霊体が歪んできている」

8/6(日) 16:03配信

女性自身

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(26)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【担当編集さんの霊体が少しずつ歪んできてるんです】

この連載もついに30回を迎えました。ひとえに読者のみなさんのおかげですね。本当にありがとうございます。

『女性自身』の担当編集さんとも、1年近いお付き合いになるんですが、気になることがありまして。実は、今年の4月くらいから、編集さんの霊体が少しずつ歪んで見えるようになったんです。

普通は霊体って、その人とぴったり重なって見えることが多いんですね。顔の表情も、体の動きもまったく同じ。それなのに、ここ半年くらいの間、担当さんの霊体はグネグネ歪み続けてるんです。

はじめは「霊が歪んでますよ(笑)」なんて冗談めかして言っていたんですが、あまりにも歪みがひどくなっていくので、なんだか心配になってきて。

というのも、女性の霊体が歪むときって、男性不信になっていることが多いんですよ。こっぴどい振られ方をされたときとか。何もなさすぎて男嫌いになってる場合もあるんですけど。

前回会ったときも、歪みがまたひどくなっていたので、さすがに「男性関係で何かありましたか……?」って聞いてみたんですね。そうしたらなんと「彼氏ができた」って言うじゃないですか!

それで、そういえばメンヘラ気質の人って、彼氏ができると霊体が歪むんだよなって思い出しました。彼氏のことが好きすぎて、霊体が引っ張られちゃうんですよ。

担当さんの意外な一面を知ることができたわけですが、仕事に集中してくれよって思いました(笑)

最終更新:8/6(日) 16:03
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ