ここから本文です

錦織撃破の20歳新鋭ズベレフ、試合内容に「満足」「素晴らしい試合できた」

8/6(日) 16:00配信

THE ANSWER

64分で錦織にストレート勝ち、「自分のプレーに満足している」

 5日(日本時間6日)に行われたテニスのシティ・オープン(米ワシントン)の男子シングルス準決勝で世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が、同8位のアレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、4-6のストレート負けを喫した。

【動画】糸を引くような一撃…錦織がポール戦で見せた渾身の「ダウン・ザ・ライン」

 ATPワールドツアー公式サイトはこの試合時間がわずか64分だったことを伝えた上で、20歳のズベレフが「素晴らしい試合ができた。ベースラインでいいプレーをすることができた。リターンも本当に良かった……サーブも本当に快適だった。自分のプレーに満足している」と語ったことをレポートしている。

 一方、錦織が逆転勝利を飾った準々決勝で2時間39分のプレーを強いられたことに触れ、「ズベレフのパワーに対応できなかった」と指摘した。錦織とズベレフはこの日が初対決だった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/6(日) 16:00
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。