ここから本文です

名古屋対愛媛でJ史上2位タイの計11発 Jリーグが激闘の全ゴール映像を公開!

8/6(日) 21:32配信

Football ZONE web

今季J2史上最多の大乱戦、名古屋の4点リードから最終的に7-4勝利

 4-0、4-4、そして7-4。サッカーの試合とは思えない壮絶な打ち合いが展開された。6日に行われたJ2リーグ第26節、名古屋グランパス対愛媛FCは両チーム合計で今季J2史上最多となる11ゴールが決まる大乱戦の末、名古屋が勝利を収めた。

【動画】Jリーグ史上2位タイの計11ゴール! 名古屋×愛媛、全11ゴール映像

 名古屋は川崎フロンターレに攻撃マインドをもたらした風間八宏監督、愛媛はイビチャ・オシム氏の下で通訳を務めた間瀬秀一監督という個性溢れる同士の指揮官対決となるなかで、試合は思わぬ方向へと傾いた。

 序盤から猛攻を仕掛けたのは名古屋だった。前半2分に主将のFW佐藤寿人が先制点を奪うと、同18分にMF田口泰士、同32分にシモビッチ、そして後半3分に入って田口がこの日2点目となるヘディングシュートを決めて、この時点で4-0。名古屋が勝利を決定づけたかに見えた。

 しかし、ここから愛媛が猛反撃。後半13分に途中出場のFW丹羽詩温が1点を返すと、同24分にMF白井康介、その1分後にFW河原和寿、そして同27分に丹羽が再びゴールを決め、3分間だけで4-1が4-4の振り出しに戻ってしまった。

 ところがその2分後、パスアンドゴーで右足を振りぬいた名古屋のDF青木亮太のゴールで5-4、同36分にも青木が再び決めて6-4。そして後半アディショナルタイムには田口がダメ押しゴールでハットトリックを達成し、名古屋は辛うじて勝利をものにした。

殊勲の田口…「反省しないと先はない」

 殊勲の田口は試合後のフラッシュインタビューで「まあ……難しい試合になったけど勝てたので良かったです。まずは4-0から4失点してしまったということを反省していかないと、この先はないと思っているので、気持ちを切り替えて1週間準備をしたいと思います」と少々渋い表情。また、間瀬監督は「とにかく今はグランパスと3点差の差があることからスタートし直したい」と語った。

 なおJリーグ史上合計最多得点の試合は、1998年のセレッソ大阪対柏レイソルの5-7。歴代最多記録の計12ゴールには1ゴール足りなかったものの、J1からJ3までの全カテゴリーで見ても今回の打ち合いは“2位タイ”の記録となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/6(日) 21:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ