ここから本文です

ビールのおつまみにピッタリ! 551蓬莱の焼餃子は夏がさらに旨い!

8/6(日) 11:55配信

東京ウォーカー

豚まんで知られる「551蓬莱」(大阪府大阪市)には、ほかにも根強い人気の名物みやげがそろっている。なかでも夏にピッタリなのが「焼餃子」だ。

551蓬莱本店の店内

■ フライパンで軽く焼くとさらにおいしく

ハクサイ・キャベツ・ニラ・豚肉など、具材の食感を生かした焼餃子は10個入り300円。小ぶりで食べやすいにもかかわらず、餡がしっかり詰まっており食べ応え十分。ピリッとした辛さがあり、ビールが欲しくなる。夏によく合う手みやげだ。

購入後はレンジで温めなおすか、フライパンで軽く焼くとさらにおいしく食べられる。15個入り¥450も。賞味期限は常温で当日、冷蔵で翌々日。

■ 創業当時はカレーライスの店

ちなみに、551蓬莱は1945(昭和20)年に、大阪・難波の地で「蓬莱食堂」として開業。創業当時は豚まんではなく、カレーライスを販売していた。

【関西ウォーカー】

最終更新:8/16(水) 11:09
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢