ここから本文です

「儲かるタワマン・儲からないタワマン」の違いとは? NHK出演のタワマン空中族が語る

8/6(日) 8:50配信

HARBOR BUSINESS Online

「首尾よく第一期の抽選で当選しました。私が申し込んだ部屋は、物件全体の平均からすると、坪単価で10%以上も安いので、結果にとても満足しています」

 こう語るのは、外資系企業に務めるサラリーマンの平原圭さん(仮名・40代)だ。

 過去にはNHKクローズアップ現代で「タワマン空中族」として取り上げられた経験を持つ平原さん。外資系企業で働きながら、現在も湾岸エリアの某タワーマンションで妻子と暮らしている。

◆コンセプト型の外溝による差別化

 平原さんのように自宅を転売して、タワーマンションからタワーマンションへ移り住む人達を指す造語が、「空中族」である。彼らは自宅売却で得た値上がり益を元手に、さらにグレードの高い物件を手に入れることで資産形成を行っている。空中族たちが織りなす短期スパンでの住み替え活動は、さながら新手の錬金術といったところ。まさに昨今の不動産バブルの象徴とも言える。

 そんな平原さんが今回新たに申し込んだタワマンが「パークタワー晴海」。三井不動産レジデンシャルが分譲する地上48階、総戸数1076戸からなる大規模タワーマンションだ。平原さんにとって、パークタワー晴海が4軒目のマイホームということになる。

 同マンションに申し込んだ理由を平原さんは「大規模なタワーマンションであることが第一条件となります。なぜなら、その規模の大きさから決められた期間内に大量の戸数を捌く事情があるため、特に第一期の販売で価格設定に歪みが生じることが多いのです」と説明する。

 平原さんがパークタワー晴海を知ったキッカケは、不動産業界で働く知人からの情報提供によるものだった。

「再開発地域に建つので、現状より利便性が向上することが期待できました。それは現在の価格設定にはまだ織り込まれていない、プラス要因が存在するということを意味します。竣工後、それらが物件価格の上昇、あるいは維持に寄与してくれる可能性が高いのです」

 そう平原さんはパークタワー晴海のポテンシャルを分析する。

 また、平原さんによると、パークタワー晴海には、BRT(bus rapid transitの略。バスを基盤とした輸送システムのこと)、地下鉄の新駅、商業施設の新規オープンなど、それぞれの確度はまちまちだが、将来性が期待できる要因がいくつか存在するという。

 ほかにも、外溝部のコンセプトデザインを手がけるのが、テーマパーク運営に定評のあるオリエンタルランドというのもパークタワー晴海の特徴だ。人気テーマパークを彷彿とさせるコンセプト型の外溝は、同マンションの人気、ひいては資産価値を高める要素のひとつとなり得る。

「モデルルームを内見しましたが、間取りに関しては、三井らしい可もなく不可もなく無難な印象でした。モデルルームの雰囲気自体が、かなり人気テーマパークを意識したテイストになっていたので、それが決め手で申し込んだという方もいるでしょう」(平原さん)

◆”空中族”直伝、タワマン選びのポイントとは?

 実際、平原さんの不動産投資仲間も複数人が同マンションに申し込みをしており、「当選すれば、しばらくの間ご近所さん同士で生活することになるので、今からみんなで実現する日を楽しみにしています」と、充実の湾岸ライフに期待を寄せる。

 華麗にタワマンを移り住む平原さん。そんな平原さんにタワマン選びの4か条を教えてもらった。

・大規模タワーマンションの第一期に購入すべし

 供給量も多く、評判が確立される前の第一期こそが最大のチャンスである。

・情報の歪みを見つけ、積極的にリスクテイクすべし

 再開発前で不便である、土地が所有できない定期借地権付マンションである、同時期に多くの物件が供給されるなど、これらは一見デメリットであるが、将来においてリスクを軽減することが可能なので検討の価値あり。

・ファーストクラスではなく、ディスカウントされたエコノミーシートを狙うべし

 誰もがほしがる南向き角部屋や、オーシャンビューは最初からプレミア価格が設定されている。むしろ北向きや、低層階などの部屋を狙ったほうが、将来、価格上昇の伸びしろが残されており出口でキャピタルゲインが期待できる。

・最悪自分で住み続ける覚悟を持つべし

 景気が悪くなれば希望価格で売却できないことも。仮に思惑と違う結果になっても、その時は自己使用して後悔しない物件を選んでおけばQOLは下がらない!

 パークタワー晴海の入居開始は2019年9月下旬を予定。空中族・平原さんの目利き力の答え合わせは、2年後以降となりそうだ。

<取材・文/栗林 篤>

【栗林篤】

元IT企業のサラリーマン。年収300万円以下生活の傍ら、株式投資と不動産投資をはじめて、セミリタイアしてフリーライターに。優待株100超を保有、区分1貸家5アパート1を運用。公式ブログ「節約×株主優待×不動産投資でセミリタイアしたブログ 」更新中。著書『サラリーマンのままで副業1000万円』発売中

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:8/13(日) 18:37
HARBOR BUSINESS Online