ここから本文です

モウリーニョが監督史上初の「ビリオン超え」。いったい何が…?

8/6(日) 14:18配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がこれまで移籍市場に投じた額が10億ポンド(約1450億円)を超えた。サッカーの監督としては史上初のことだと、英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 ユナイテッドは今夏、FWロメル・ルカクの獲得に7500万ポンド(約109億円)を投じるなど市場に大金を使った。それだけではなく、モウリーニョ監督はキャリア17年で11億ポンド(約1600億円)を選手の獲得に費やしたと記事は伝えている。

 もうすぐ10億ポンドの大台に到達するのが、バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督で、これまでにおよそ9億7000万ポンド(約1380億円)の補強をしてきたとのことだ。

 また、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、そして現在はマンチェスター・シティとビッグクラブを渡り歩くジョゼップ・グアルディオラ監督は8億5900万ポンド(約1250億円)分の補強をしてきたとのこと。

 近年は移籍金の高騰が続いているだけに、モウリーニョ監督に次ぐ10億ポンド突破者の誕生は遠くなさそうだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)