ここから本文です

夢や目標は友人に話すな。成功者が成功し続ける理由【魂が燃えるビジネス】

8/6(日) 8:50配信

週刊SPA!

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第10回

「そんな簡単にうまくいくかな。私はやめておいた方がいいと思うよ」

 人間は誰もが一度は、夢や目標を掲げます。しかし、それが実現するのは非常にまれです。その原因の一つに「周りの人間に、自分の夢や目標を話してしまう」というものがあります。

 夢や目標を持つと「人生が開けていくような感覚」を覚え、つい気持ちまで大きくなります。それで見境いなく「これから自分はこうするんだ」と親や友人に話してしまうと、彼らから予想外のカウンターをもらいます。

 それが「やめておいたほうがいいんじゃない」という、あなたの夢や目標を否定する言葉です。これまで仲良くやってきて応援してくれると思ったのに、打ち明けたら反対された。なんだか裏切られたような気分になりますが、こうした経験は珍しくありません。

 人間には二種類います。現状維持に浸るタイプと、夢や目標に生きるタイプです。夢や目標を持ち始めた段階は、ちょうどその過渡期に位置します。

 これまでお互いに現状維持でつつがなくやってきたのに、「こんなことやっててもしょうがないんじゃないか。もっと夢や目標を持って生きていこう」と言い出すのは、ある意味で反逆です。夢や目標を持つこと自体が裏切り、という見方もできます。

 人間の大部分は人間関係によって作られます。「親しい友人5人の平均年収=自分の年収」という話もあるように、どんな人間とつきあうかで、人生はある程度まで決まってしまいます。

 仮にあなたが変わってしまったら、あなたの友人の生活も変わらざるをえません。たとえば仕事帰りに一緒に飲む間柄だったなら、あなたが夢や目標に目覚めてしまえば、その時間はなくなってしまいます。

 成長や進歩を望むあなたは、現状維持を望む友人にとってどんな風に見えるでしょうか。それは「自分の現状を脅かす脅威」です。だからこそ周囲はそれを潰しにかかります。

 それが「うまくいかないんじゃないの」というアドバイスのふりをした否定です。

 こうした会話において「夢や目標がうまくいくかどうか」「計画が現実的かどうか」は問題ではありません。自分の現状を変化させかねない、そのエネルギーやモチベーションを削ぐことに狙いがあます。

 相手はそうした狙いをおくびにも出しません。というよりも、そうした無意識の防衛反応を自分でも把握していません。ただ彼らは「相手のために言っている」と思い込んで、その実、自分の環境を守るために、あなたの夢や目標を否定します。

 もちろん、「うまくいかない」という友人の忠告が正しい場合もあります。自分の見通しが甘くて、失敗に終わる夢や目標もあるでしょう。しかし、それはそれでいいのです。すべての夢や目標が実現するなどということはありえませんし、またその必要もないのです。

 赤ん坊が立ち上がって歩き始める時、どうやってやり遂げるのか。その答えは試行錯誤です。どうやってもこうやってもなく、何度もチャレンジと失敗を繰り返し、いずれはそれをやり遂げます。

 その時、母親は赤ん坊にどう接するのか? 「最後には必ずできるようになる」と信じて見守ります。「失敗するかもしれないから、立たせない、歩かせない」なんて母親はいません。

「上手くいかないかもしれないから止めておいたほうがいい」では、人間は歩くことすらままなりません。これは大人になっても、夢や目標といったスケールになっても変わりません。

 もちろん友人と母親は違います。友人は母親のようにあれこれと手を回したり、気を配る必要はないでしょう。しかし「見守る」という部分は一緒です。

「うまくいくかはわからないけれど、私はあなたを応援してるよ」

 そうあたたかく見守ってこそ友人なのですが、誰しもそこまで完璧ではありません。相手には相手の人生があり、それを守るので精一杯なのです。

 では「夢や目標は誰にも話していけないのか?」というと、そんなことはありません。誰かに聞いてほしくなるのは、人間の自然な本性です。問題はそれを話す相手です。

「類は友を呼ぶ」ということわざもあるように、成功者は成功者で集まります。成功者の輪の中で夢や目標を話すと、それ自体が実現していく力に変わります。

 彼らは「成功は失敗の積み重ね」だとよく知っています。よほど非合理的でなければ、誰かの夢や目標を否定しません。また仮に否定するとしても「俺はうまくいかないと思うけど、お前が言うんだから、目があるのかもな。やってみれば」と一線を引いて見守る立場を取ります。

「絶対うまくいくよ」と保証してくれるワケではありません。未来がわからない以上、そんなことは誰にも不可能です。ただ、ごく自然にアイディアを聞いてもらえる。その環境自体が、何かと否定されがちな私達に対して、成功者が持つアドバンテージになっています。だから成功者は慢心しない限り、その成功が続きます。

 生まれたばかりの夢や目標はそれこそ赤子同然です。ちょっとしたことで「うまくいかないかもしれない」という不安が首をもたげてきます。「いいね!」と言ってくれる人は、SNSだけでなく現実でこそ必要です。

 夢や目標を達成しようとすると、これまでにない新しい行動が生まれます。そして新しい行動には、新しい環境と人間関係が伴います。そこで出会った人々こそ、自分の未来について打ち明けるべき相手です。

 自分をこれまで育ててくれた両親。いつも仲良くしてくれる友人たち。彼らに秘密にするのは気が引けるかもしれません。しかし親しみと、夢や目標の実現は全く別です。彼らに打ち明けるのは、あなたが軌道に乗ってからにしましょう。

【佐々木】

コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」

日刊SPA!

最終更新:8/6(日) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた