ここから本文です

ミニトマトの冷蔵&冷凍保存術

8/6(日) 15:00配信

NHKテキストビュー

夏野菜の収穫スタート! どんどん実っていくトマト、キュウリ、ナス、ピーマンは、あの手この手で食べても、まだまだ余る……。そんなときは、上手に冷蔵&冷凍! 鮮度を保って保存し、最後までおいしく食べきる方法を料理研究家の島本美由紀(しまもと・みゆき)さんに教えてもらいました。本稿では、ミニトマトの保存法を紹介します。



* * *



そのまま冷蔵庫に入れると徐々に乾燥し、しぼんだり、しわっぽくなることも。水漬け冷蔵なら、10日たってもプルンとした状態が保たれます!



冷蔵:水道水に浸してツヤツヤ長もち!

(保存期間 1週間~10日)



実を傷つけないように洗い、密閉容器に入れて、かぶるくらいの水道水を注ぐ。ふたをして冷蔵庫の野菜室で保存。3~4日に1回、水を替える。完熟して割れたものや傷のあるものは混ぜないようにする。



冷凍:冷凍用保存袋でまとめて凍らせる

(保存期間 約1か月)



洗ってへたを除き、水けを拭いて、ファスナー付きの冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存。完熟して裂果(れっか)したものも冷凍できる。いずれも皮はつけたままでOK。トレイなどにのせた状態で、平らにして冷凍するとよい。


■食べるときは


凍ったまま、ふだんの料理の加熱時にプラス。あさりの酒蒸し、パスタの具などに。
水にくぐらせて皮をむき、ドレッシングなどでマリネ。そのままひと口アイスとしても。



※テキストでは、大玉トマト、キュウリ、ナス、ピーマンの保存法と食べ方も紹介しています。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年7月号より

NHK出版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ