ここから本文です

ヌード挑戦の泰葉が語る撮影秘話 「何の気負いもなく…」

8/7(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 実家である海老名家への絶縁宣言や、元夫の春風亭小朝(62)からのDV 被害告白で世間を賑わせてきた歌手の泰葉(56)が、8月7日発売の『週刊ポスト』袋とじでヘアヌードを披露し、またしても大きな衝撃を与えた。撮影現場の知られざるエピソードを紹介する。

 小朝から受けたDVやSM強要などの“異常性行為”によりPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんだという泰葉。だが、神奈川・鵠沼海岸に居を移したことで、現在は精神的にも落ち着きを取り戻しつつある。撮影は彼女の希望もあって、鵠沼海岸からほど近い葉山の一軒家で行なわれた。朝から始まった撮影は潮風を感じながら、終始和やかなムードで進められたという。

 今回の撮影は、9年前、小朝との離婚時に泰葉のグラビアを撮影した渡辺達生カメラマン(68)によって行なわれた。

「達生ちゃんに撮ってもらうのは9年ぶりでしたが、冗談を言ったり、適度に緊張をほぐしながら撮影してくれたのでとってもリラックスして臨めました。『今も男性に触れられるのは怖いんです』と伝えたら、『そうなのかー』って、ありのままを受け入れてくれました」(泰葉)

 現場での渡辺カメラマンとの撮影については、「愛を確かめ合っていたようでした(笑い)」と振り返る。

「何の気負いもなく、愛している人とともにメイクラブをするようなつもりでスッと脱いでしまいました」

 気さくな人柄と話術でモデルの心をほぐしながら自然な表情を引き出すのが、渡辺カメラマンの真骨頂。現場のスタッフによると、泰葉はカメラのモニターで写真を確認するたびに、「すごくきれいで、自分じゃないみたい!」と歓声を上げていたという。

 今回ヌードに挑戦したのは、実家の海老名家から独立し、一人の女性として新しい人生を生きて行く決意の表われでもある。

撮影■渡辺達生