ここから本文です

新幹線の車中で吉報!? 初の連覇を果たした80年のカープ

8/7(月) 17:00配信

週刊ベースボールONLINE

8月7日現在、2位・阪神に9ゲーム差で首位をひた走る広島。連覇達成となれば1980年以来だ。その初連覇を遂げた80年シーズンを振り返ってみよう。

投打の充実には目を見張るばかり

 1980年のシーズンを迎えたカープの選手たちには自信がみなぎっていた。前年は4年ぶりのリーグ制覇、そして球団創設30年目にして初の日本一。野手に目を向ければ山本浩二と衣笠祥雄の主砲コンビに、2年前の首位打者・水谷実雄、若きスピードスターの高橋慶彦といった中心選手は健在。投手陣には前年のMVP、江夏豊が守護神としてどっしり控え、北別府学、池谷公二郎、福士敬章に山根和夫ら、先発投手の充実ぶりも目を見張るばかりだった。

 巨人以外の球団では初のセ・リーグ連覇を目指して臨んだシーズンは、いきなりの劇的勝利で幕を開けた。4月5日の阪神戦(広島)、6対6の同点で9回裏の打席に入ったデュプリーが、右中間にサヨナラ本塁打。5年ぶりに開幕戦を白星で飾る幸先のいいスタートを切った。

 続く8日の大洋戦(広島)では、主砲の山本浩が記念すべき通算300本塁打を達成し、チームも開幕2連勝。だが、序盤の打線をけん引したのは僚友の衣笠のほうだった。11日の巨人戦(後楽園)では堀内恒夫から決勝の逆転2ランを放つなど、4、5月で山本浩を上回る12本塁打とパワーを発揮。チームも4月末の時点で6つの貯金を作ると、5月もきっちりと勝ち越し、着実に首位の座を固めていった。

 6月に入ると、今度は山本浩のバットが火を噴く。8日の阪神戦(甲子園)で江本孟紀に試合を決める一発をお見舞いすると、18日の中日戦(ナゴヤ)ではチームを勝利に導く2打点。この月は打率.342、9本塁打と打ちまくり、通算3度目の月間MVPに輝いた。

 7月の声を聞くころには、カープは2位を大きく引き離し、独走態勢に入っていた。15日には過去最速ペースで40勝に到達し、球団史上初の前半戦首位ターン。貯金の数は21に膨れ上がり、2位・ヤクルトとのゲーム差は7.5まで広がっていた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)