ここから本文です

夏バテの3大要因 「暑さ」「寒暖差」と何?

8/7(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。

【問題】疲労が蓄積すると、自律神経の機能が低下して、本来なら対処できるストレス要因に対応できなくなり、体が「バテた」状態になります。「夏バテ」の要因は大きく分けて3つあるそうですが、その3つとは「暑さ」「寒暖差」と何? 次から選んでください。

(1)紫外線
(2)赤外線

 正解は、(1)紫外線 です。

■紫外線が体の疲れを悪化させる!

 私たちが日常「体が疲れた」と口にするときは、「脳が疲れた」状態であり、肉体疲労も精神疲労も、あらゆる疲労は脳の中にある自律神経の中枢が疲れることで起こる、と東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身さんは指摘します。

 疲労が蓄積した結果、自律神経の機能が低下して、本来なら対処できるストレス要因に体が対応しきれなくなった状態が、いわゆる「バテた」状態です。梶本さんによれば、特に夏は疲労を悪化させる要因が多く、これが「夏バテ」を招くそうです。

 その要因とは、大きく分けて「暑さ」「紫外線」「寒暖差」の3つです。

 暑い夏でも体が活動できるために、人の体は汗をかきます。汗が蒸発するときに気化熱を奪うことで体の熱を放出して一定の体温を保っているわけですが、この体温調節を担っているのは自律神経。つまり暑いときは、自律神経がたくさん働かなければならず、その負担が大きくなるから疲れるわけです。

 また、夏(7~8月)は1年のうちでも紫外線量が最も多くなる時期です。紫外線が目から入ることによってその刺激が脳に伝わり、自律神経のうち交感神経が優位になりやすく、疲れやすくなります。これを梶本さんは「全身が戦闘態勢をとるようなもの」と表現します。

 「すべての動物は交感神経を落としてしまうと、アラート機能が働かず、敵に狙われて殺される危険があるため、自律神経が疲れても交感神経をあまり落とさないようにできています。その結果、相対的に交感神経優位になり、さらに疲れを招きやすくなります」(梶本さん)

 さらに、暑い屋外と冷房の効いた室内を出入りするたびに、自律神経が急激な上下をくり返し、なんとか交感神経・副交感神経のバランスを保っています。こうした急激な切り替えは、本来、体に備わったシステムとしては想定されていないことなので、結果的に自律神経は疲弊してしまいます。

1/2ページ

最終更新:8/7(月) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。