ここから本文です

キャサリン妃一家のトラベルスーツケースはあのブランド!

8/7(月) 14:10配信

25ansオンライン

ジェットセッターの代表といえば、やはり世界各国のロイヤルファミリー。
王室に嫁がれてまだ6年のキャサリン妃はまだまだ少ないとはいえ、ご存じのように、先月もご一家で海外ツアーから戻られ、2017年も現時点ですでに4カ国を訪問されています。
そんなキャサリン妃ですが、公務に登場される度、ファッションや小物に至るまで詳細があきらかになりますが、実はまだ不明だったのがトラベルケース。ジェットセッターにとってマストアイテム、絶対お持ちのはずだけれど、わからない…。
それもそのはず、だってロイヤルメンバーは、スーツケースをご自分では運びません。それゆえスーツケースを引くキャサリン妃のお姿を見ることなんて、もはやほぼ不可能。
なんて思っていたら、今回ついにあきらかになったのです。
先月のロイヤルツアー中、ポーランドからドイツに移動される際、空港関係者がチャーター機へと運んでいたのが、グローブ・トロッターの「ロイヤルスイート」コレクション。そう、2013年のキャサリン妃、第一子(ジョージ王子)誕生を記念して発売された、激レア限定モデルです。

【写真】キャサリン妃一家がご愛用のグローブ・トロッター

キャサリン妃が結婚式の前夜宿泊された、ゴーリングホテルとの夢のコラボレーションが実現した、激レアアイテム。
アイボリーホワイトのボディにネイビーベルトとバーガンディのレザーが英国らしくクラシカルな上、ライニングには、キャサリン妃が宿泊されたロイヤルスウィートのシルクの壁紙が特別にあつらえられた、とってもリュクスなデザインです。
なにせキャサリン妃といえば、気に入ったものしか手元に置かない&使わない主義!だけに、ご自身のコレクションアイテムということ以上に、本当に気に入られたということの表れ。そして、出産や結婚式前夜の思い出も含め、愛用されているのでしょう。


また、同ツアー中の別日の空港では、ジョージ王子&シャーロット王女のナニー(乳母)が、同コレクションの13インチのミニ ユーティリティケースを手に持っている姿も。きっとこの中にはお子さま、おふたりの物が入っていたのでしょう。まさに、小さなプリンス&プリンセスの旅にぴったり!です。
昨年のインド&ブータンツアーの際には、キャサリン妃のアシスタント兼スタイリストのナターシャさんが、空港でヴァニティケースを持って移動する姿が目撃されていて、この時もやはりグローブ・トロッター。「マネー ペニー コレクション」モデルと、こちらもレアなアイテムでした。きっと中には、ツアー中使用されるキャサリン妃のジュエリーが保管されていたのでしょう。

グローブ・トロッターとロイヤルファミリーとの繋がりは、若きキャサリン妃が初めてではなくエリザベス女王。1947年の新婚旅行に向け、トラベルケースをビスポークされたのがグローブ・トロッターでした。それ以来長きに渡って、エリザベス女王に愛用され続けています。

頻繁に増やすアイテムではないからこそ、スーツケース選びというのはその人自身が表れるものですが、キャサリン妃もエリザベス女王同様、英国ロイヤルが愛するグローブ・トロッターのトラベルケースを選ばれました。
英国の伝統を守りながら、常に新たなチャレンジと共に進化し続けるこのブランドは、まさにキャサリン妃にピッタリ。
残念ながら全く同じデザインを手に入れることは難しいですが、できる限り似たものをビスポークするという手も。
そしていつか再び、「キャサリン妃コレクション」が発売になることを期待します。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:8/7(月) 14:10
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2018年1月号
2017年11月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。