ここから本文です

あの大阪桐蔭にも弱点あり。「勝ちパターン」に見る注目校の戦い方

8/7(月) 8:00配信

webスポルティーバ

 8月7日に開幕する第99回全国高校野球選手権。今大会の見どころについて、優勝候補に挙げられる強豪校をいつもとは別の視点で紹介したい。

【写真】大阪桐蔭ほか…春のセンバツ10人のエースたちを山本昌が診断

 重視するのは、監督のスタイルだ。選手は毎年入れ替わるが、監督は変わらない。どんなサインを出して、どう采配するのか。基本的には、これらはすべて監督が責任を負っている。そこに監督の好みやカラーが出ないわけがない。過去の試合を振り返れば、監督の性格や、やりたい野球がおのずと浮かび上がってくる。

 まずは、史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭。甲子園通算42勝8敗を誇る西谷浩一監督は、ファーストストライクから常にフルスイングすることを選手に求める。そのためか、先攻の方が分がよく21勝2敗。後攻では21勝6敗だ。先制点を挙げると29勝4敗と強いのは当然だが、大阪桐蔭が突出しているのは先制されても13勝4敗と強いこと。大阪桐蔭相手にリードして逃げる相手チームにかかる重圧の大きさを表している。

 また、番狂わせが起こりやすいと言われる初戦と決勝に強く、どちらも無敗(初戦13勝0敗、決勝4勝0敗)。まさに死角なしの絶対王者といえる。

 唯一の弱点といえるのは、守備面でビッグイニングをつくられることが多いこと。センバツでは2回戦の静岡戦で初回に6失点(11対8で勝利)。今夏も大阪大会決勝の大冠戦で3回と9回の2度、4失点している(10対8で勝利)。

 今夏の大阪大会8試合で24失点は西谷監督になってからの甲子園出場チームでは最多(過去最多は森友哉が3年生時の7試合14失点)。チーム打率.399は西谷監督になってから2位(過去最高は平田良介が3年生時の.449)と打線は得点力抜群のため、春夏連覇へは守備時のビッグイニングの有無が大きなカギになるだろう。

 3季連続4強の秀岳館(熊本)も甲子園での安定した戦いぶりが目につく。鍛治舎巧監督は甲子園通算9勝3敗。昨春は全試合後攻だったように基本的には後攻型だが、先攻で3勝1敗、後攻で6勝2敗とどちらでも同じ勝率をマークしている。

 先制点を挙げると6勝0敗と負けなし。先制されると3勝3敗だが、それでも五分をキープしている。秀岳館でカギとなるのは、終盤7、8、9回の攻撃だ。

 昨夏は4試合19得点のうち、終盤での得点が12点を占めた。今夏の熊本大会決勝の九州学院戦も1対1で迎えた9回表に2点を挙げての勝利。相手は、秀岳館の最後の3イニングの攻撃に耐えられるか。今回は140キロ台後半の速球派・川端健斗、熊本大会5試合無失点の安定感ある田浦文丸という強力な左腕二枚を擁していることも、相手に重圧を与える要因になる。

 夏連覇を狙う作新学院(栃木)は7年連続出場となった。例年通り、夏に仕上げてきた印象がある。小針崇宏監督は甲子園通算17勝8敗。25試合のうち21試合が先攻と、完全な先攻型だ(先攻では14勝7敗、後攻では3勝1敗)。

 先攻で先制点を奪う展開を得意の勝ちパターンにしているため、注目したいのが初回の攻撃。甲子園では13年夏から14年夏にかけて4試合連続で初回に得点している。先制点を挙げると12勝3敗、先制されると5勝5敗のため、初回の攻撃が最大のカギといっても過言ではない。

 ちなみに、今夏もチーム打率.393の強打線だが、栃木大会の三振32は小針監督になってから最多、四死球26は最少で、例年より選球眼はないといえる。相手からすれば、ボール球をうまく使えるかがポイントになりそうだ。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか