ここから本文です

「渋谷盆踊り」初開催 桐谷健太も登場で3万4,000人熱狂

8/7(月) 18:21配信

KAI-YOU.net

渋谷駅前のスクランブル交差点西側道路、文化村通り、道玄坂のSIBUYA109周辺エリアを会場に2017年8月5日(土)、「渋谷盆踊り大会」が初開催された。

桐谷健太さんもサプライズ登場

会場には、渋谷区のPRソングを歌う元ピチカート・ファイヴのボーカル・野宮真貴さんやテリー伊藤さん、auのTVCMで浦島太郎役を演じる俳優・桐谷健太さんが登場。

集まった約3万4,000人が、渋谷の夜のお祭りを楽しんだ。

野宮真貴さんが渋谷のPRソングを披露

区の政策や再開発で、渋谷の街が大きく変わる中、「日本らしい、渋谷らしい文化を楽しめる場」として企画された本イベント。

冒頭、渋谷区長の長谷部健さんが、区のPRソング「夢見る渋谷 YOU MAKE SHIBUYA」の盆踊りバージョンの制作を発表。

通常バージョンに続き、楽曲を制作した野宮真貴さんは、「盆踊りということで和のテイストを盛り込んで、お子さんからお年寄りまで親しんでいただけるような曲になりました」とコメント。

自ら歌を披露して、オープニングを華々しく飾った。

サプライズ出演の桐谷健太に歓声

会場の雰囲気が盛り上がったところで、テリー伊藤さんが登場。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、1964年のヒット曲「東京五輪音頭」のリメイクを発表した。歌唱は加山雄三さん、竹原ピストルさん、石川さゆりさんが担当するという。

続いて、auの三太郎シリーズで浦島太郎役を演じる俳優の桐谷健太さんがサプライズ出演。会場からは大きな歓声が上がった。

CMキャラクターである浦ちゃんに扮した桐谷さんは「三太郎音頭」を披露。「踊るアホウに見るアホウ同じアホなら踊らにゃ損ですからね! 渋谷の皆さんの力で最高の夏にしましょう!」と、観客を盛り上げる。

会場がひとつになると、桐谷さんはCMでお馴染みの「ぱっかーん」のポーズを決めて、盛り上がりは最高潮に。

最後は浦島太郎(桐谷健太)名義の楽曲「海の声」を熱唱。「三太郎音頭」とは打って変わり、しっとりとした歌声に観客は酔いしれた。

最終更新:8/7(月) 18:21
KAI-YOU.net