ここから本文です

鎌田が圧巻の1得点3アシスト! フランクフルト公式「冷静なフィニッシュ」と初得点に賛辞

8/7(月) 10:39配信

Football ZONE web

独4部FSVフランクフルトとのテストマッチでアピールに成功

 今季からフランクフルトに新加入したMF鎌田大地が、6日に行われたドイツ4部FSVフランクフルトとのテストマッチに先発出場し、移籍後初ゴールを含む1得点3アシストと計4得点に絡む大車輪の活躍を見せた。チームは5-2で勝利した。

【写真】フランクフルト移籍の鎌田、チームメートと笑顔で“マッチョポーズ”を披露!

 鎌田は前半7分、FWブラニミル・フルゴタのシュートがGKに弾かれたこぼれ球に素早く反応し、右足のダイレクトシュートでネットを揺らした。ドイツ移籍後初ゴールで試合の均衡を破った。クラブ公式サイトでは「フルゴタのシュートがブロックされたところをフォローし、14mの位置から冷静なフィニッシュで得点した」と鎌田の落ち着いたプレーに賛辞が送られている。

 さらに鎌田はチャンスメイクでも輝きを見せた。同22分、中央右寄りでパスを受けると浮き球のパスを最終ラインの背後へ供給。これをフルゴタが押し込んでリードを広げた。

 後半に入って2分、右からのクロスをファーサイドにいた鎌田が頭で折り返すと、パスを受けたFWレナーテ・ダダショフはワントラップしてから蹴り込んで3点目を奪った。

「カマダにとって素晴らしい試合になった」

 さらに4-1で迎えた同37分、前線へのフィードに最終ライン裏へと抜け出した鎌田は、相手DFのクリアミスに反応して相手GKと競り合いながらこぼれた球をキープすると、冷静にバックパスを選んでFWルカ・ヨビッチのゴールをお膳立てした。

 チームは5-2で勝利し、鎌田も結果でアピールに成功した。クラブ公式ツイッターは「ダイチ・カマダにとって素晴らしい試合になった」とツイートして、日本人MFの活躍をレポートした。なお、日本代表MF長谷場誠はベンチ入りしたものの、出場はなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/7(月) 10:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新