ここから本文です

39歳ドログバが“レーザー弾”披露! 敵将や相手FWも脱帽、英紙絶賛「衰え知らず」

8/7(月) 12:27配信

Football ZONE web

約32メートルの位置からFK、力強い一撃は壁を越えてゴール右隅に突き刺さる

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)で日本の前に立ちはだかった男が、39歳の今も強烈な存在感を放っている。米2部相当のユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)に参戦するフェニックス・ライジングの元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバは、現地時間6日に行われたLAギャラクシーII(LAギャラクシーのリザーブチーム)戦で強烈な直接FKを叩き込み、英紙「デイリー・メール」は「打撃力は今も衰え知らず」と絶賛した。

【動画】ドログバの「レーザーFK弾」炸裂! 強烈な弾道に相手GK「ノーチャンス」

 コートジボワール代表の一員として参戦したブラジルW杯グループリーグ第1戦の日本戦では、FW本田圭佑(パチューカ)に先制ゴールを許すものの、後半17分からドログバが途中出場し空気が一変する。後半19分、21分と連続ゴールを決めて2-1と逆転勝利した。一方の日本は、この初戦の敗戦がグループリーグ敗退の引き金となった。

 コートジボワールの英雄は、今年4月にUSLのフェニックス・ライジングに共同オーナー兼選手として加入。デビュー戦で即ゴールを決めて、「新たな第一章、新たなチーム、新たな友人、試合は今でも美しい」と新天地で好スタートを切っていた。

 6日のLAギャラクシーII戦では、前半13分にゴールまで約32メートルの位置でFKを獲得。キッカーを務めたドログバは右足を思い切り振り抜くと、力強い一撃は壁を越えてゴール右隅に突き刺さった。これが今季5ゴール目となり、チームはその後に加点し、2-0で勝利している。

リーグ公式ツイッターも動画付きで「凄い」

 記事では「チェルシーでヒーローになった男の打撃力は39歳の今も衰え知らず」と言及。さらに「純粋な力で放たれたその一撃は壁を越え、右隅に吸い込まれた。飛んだGKはノーチャンスだった」とドログバのパワーを称えている。またUSL公式ツイッターも、動画付きでゴールを紹介。「凄い」「完全なレーザー」とコメントを添えている。

 LAギャラクシーIIのマイク・ミュノツ監督は「彼はかつてワールドクラスの選手で、大部分の時間、彼を無効化する仕事ができていると思っていた。しかし、あれは明らかにワールドクラスのFKだったし、時にはただ脱帽するしかないんだ」と振り返り、豪快な一撃にお手上げといった様子だった。

 対戦相手の22歳FWジャスティン・ディロンも、「彼は子どもの時のヒーローで、ずっと心酔してきた。あんなFKに何かできる余地なんて一切なかった」と手放しで称賛。さらに童心に返ったかのように、「彼みたいな男と一緒にピッチに立つなんて信じられないよ。生涯忘れないだろうね」と付け加えた。

 対戦相手の監督と選手に強烈な印象を残した一撃は、ドログバの健在ぶりを証明するものとなった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/7(月) 12:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新