ここから本文です

ネイマールのPSG加入でドラクスラーがバルサへ? 2クラブ間で“玉突き移籍”の可能性浮上

8/7(月) 16:40配信

Football ZONE web

代理人がバルセロナ入りしたと独紙報じる

 ブラジル代表FWネイマールが、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍した。移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)というビッグディールの余波はその他の所属選手にも大きな影響を及ぼすことになり、今年1月にPSGに加入したばかりのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが押し出される可能性が浮上している。

【動画】バルサファンが激怒! ネイマールのユニフォームを燃やす物騒な動画をアップし、世界で拡散中

 ドイツ紙「ビルト」によれば、ドラクスラーの代理人を務めるロジャー・ウィットマン氏がバルセロナ入りしていることが判明。ドラクスラーがネイマールと入れ替わる形でバルセロナへ移籍する可能性が取り沙汰されている。

 ドラクスラーは左サイドを起点にしたドリブルや中央に切れ込んでのパス、シュートなどを得意としている。ネイマールとプレーエリアが近く、加入の煽りを最も受けそうな選手の一人となっている。

 今夏のコンフェデレーションズカップでは、ドイツ代表のキャプテンとしてチームを優勝に導いた。今冬に加入したPSGではリーグ戦17試合に出場し、4得点を記録。バルサもその実力を高く評価している。ネイマール移籍に端を発した“玉突き移籍”は実現するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/7(月) 17:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新