ここから本文です

有名セレブ似の売春婦に性行為&傲慢さを暴露されたスターリング…

8/7(月) 17:57配信

SOCCER DIGEST Web

「とても酔っていた」スターリングは支払いを…。

 まさに身から出た錆と言えるだろう。現地時間8月6日に英紙『サン』が、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングのプレシーズン中の問題行動をリークしている。
 
 今夏のプレシーズンでアメリカ遠征を行なったマンチェスター・Cは、ヒューストン、ロサンゼルス、ナッシュビルの3都市を回った。その中で開催された強化試合でスターリングは3試合全てに出場(先発2試合)し、2ゴールを決めていた。
 
 前線の熾烈なポジション争いを制す意味でもスターリングは十分なアピールをした……はずだった。あろうことか22歳のイングランド代表は、ロサンゼルスに滞在していたある晩に泥酔した挙句、売春婦と関係を持ったという。
 
 サン紙によれば、アメリカの有名セレブ(女優兼モデル)であるキム・カーダシアンにソックリだというその女性は、SNSアプリの「WhatsApp」を利用し、スターリングと連絡先を交換。現地時間7月20日にヒューストンで行なわれたマンチェスター・U戦の翌日に、直接会うことになったという。
 
 しかし、サン紙にコメントを寄せたその女性は、スターリングが明け方4時頃までナイトクラブで遊んでいたため、「彼をずっと待っていた」という。
 
「ラヒームはとても傲慢だと思ったわ。彼は人格を持っていないかのようだった。彼は最初、存在しない部屋番号を伝えてきた。だから私はロビーで彼をずっと待っていたわ。散々待たされて『もう帰る』って時になった時に彼はようやくやってきて、一緒に部屋へ行ったの」
 
 その女性いわく、「明らかに女を軽く扱うことに慣れている」ようだったというスターリング。さらに“その後”のことも晒されてしまっている。
 
「ラヒームはとても酔っていて、酒臭かったわ。しかも、早く会えなかったことをボヤキはじめたの。それでも、私たちは性交渉を始めたわ。翌朝に支払いを求めると、彼は『ATMに行かなきゃ』と拒んだの!
 
 しかも、そこから彼はプールパーティのための服を買いに行ったのよ。最後はホテルの受付に封筒を置いて去って行ったわ。中身を見たらその中には2000ドル(約22万円)しか入っていなかった。4000ドル(約44万円)って約束だったのにね」
 
 その後、再度支払いを要求したその女性は、「合意したお金の半分しか受け取れなかったから、テキストメッセージを送ったわ。でも、彼は払う気なんてなかった。もう二度と関係を持ちたくない」と怒りをぶちまけている。
 
 同紙によれば、スターリングは女性に対して、「僕はクソみたいに酔っていた。そういう時はロコ(狂人)のようになってしまうんだ。ごめんよ」と軽いメッセージを送って、いまだに支払いを済ませていないという。
 
 スターリングはまだリバプールに所属していた2015年4月にも笑気ガスを吸って、友人とふざける写真がリークされるなど、プライベートでの素行の悪さが以前から問題視されてきた。
 
 現在は、パートナーであるペイジさんとの間に生後6か月の息子を授かっているスターリング。このチームの規律を乱しかねない行動にジョゼップ・グアルディオラ監督がどんな対処をするかは分からないが、その才能を無駄にしないためにも、今後はサッカーだけに打ち込んでもらいたいものだ。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:8/7(月) 20:55
SOCCER DIGEST Web