ここから本文です

【暑いからアップヘア】疲れて見えない「ラフなまとめ髪」のコツ

8/7(月) 18:10配信

ESSE-online

ラフで自然な旬のまとめ髪、やってみたいけれど「ただの疲れた人」に見えそうで手が出ない、という人いませんか?この「低めのひとつ結び」なら不器用さんでもできて、若々しく見える、テクニックいらずのまとめ髪。しかもヘアゴム1本でできるので、時間がないときにもぜひチャレンジしてみて。簡単にできて、すてきに見えるコツをプロのヘアメイクに教わりました。

ふんわりゆるやかな毛流れがポイント!低めのひとつ結び

大人にぴったりのカジュアル感と品を備えたひとつ結び。トップをよけて一度束ね、そこに逆毛を立てたトップをねじって合わせることで、ふんわりと高さを出します。軽やかで、サイドシルエットも美しい仕上がりに。

●低めのひとつ結びのつくり方

(1)目尻の幅でトップの毛を分け取ってよけておき、残りの髪を耳の高さでゴムでひとつに結ぶ。分け取ったトップの髪を片手で持ち上げ、もう一方の手で中間から根元に向かって3回ほど手ぐしでとかし、逆毛を立てる。

(2)逆毛を立てたトップの毛束を(1)の結び目に向かってきつめにねじる。

(3)ねじった毛束を結び目にくるくる巻きつけていき、最後に毛先を(1)で結んだゴムにはさんで固定する。

●教えてくれた人
【川村友子さん】
ファッション誌など多くの女性誌で活躍するヘアメイク。ナチュラルで女性らしいメイクと、大人の女性をラフに仕上げるヘアには定評がある。

<ヘアメイク/川村友子 撮影/天日恵美子 取材・文/ESSE編集部>

ESSE

最終更新:8/7(月) 18:10
ESSE-online