ここから本文です

壁に注目!「つるす」「かける」で洗面所が圧倒的に使いやすくなる!

8/7(月) 20:10配信

ESSE-online

家の中でも大きな面積を占める「壁」。使い方次第で家をもっと快適に使えることをご存知ですか?ESSE編集部では「壁使い達人」に注目、お宅にお邪魔してみました。今回拝見したのは、テレビや雑誌などでも収納アイデアが取り上げられたという、インテリア系ブロガーのみっちーさんの家。なかでも、発想力にびっくり!な「壁面収納」を効果的に取り入れた洗面所を重点的に紹介していきます。

コンパクトな洗面所こそ、壁面を上手に使いこなして収納スペースに!

●ドアにフックを取りつけて動線を意識した壁面使いに



ドアには、引っかけるだけのイケアのフックをつけているというみっちーさん。「この扉を開けると、廊下があってその先が玄関になっています。家に帰ったらまず上着やバッグをこのフックにかけ、それからすぐに洗面所で手を洗えるという動線になっているので、帰宅後の動きがスムーズに」。

●歯ブラシ、歯みがき粉をつるせば掃除の手間がラクに

洗面台の一部は、じつは手づくりしています。シンクの正面に棚をつけ、収納用のボックスや鏡を並べました。シンク上にものを置かないことで、小物の底がぬめりに悩まされることもありません。

DIYで設置した棚には、フックを取りつけています。フックには、歯ブラシスタンドと100円ショップのチューブホルダーをつけた歯みがき粉をかけて収納。「水きれがよくて清潔です。シンクに直置きしていたときと比べても手入れがぐっとラクになりました」。

●タオルハンガーに持ち手つき小物入れをかけて収納力アップ!

洗面台の背面の壁にはタオルバーを2本設置しています。上のバーにはイケアの小物入れを並べて、ケア用品をイン。下のバーには手ふきタオルと、お風呂上りに体をふくタオルをかけられるようにしています。

イケアの小物入れ別に、家族の日焼け止め、ヘアケア、スキンケア用品などを、使う人別に仕分け。斜めのオープン収納なので見やすく、子どもも出し入れが簡単です。「かけているだけなので、小物入れが汚れたら丸洗いできるのもいいですね」。

いかがでしたか?ESSE9月号では、このほかにも便利な壁面収納アイデアや、おしゃれな壁使いが盛りだくさん。ぜひこちらもチェックしてください。

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

ESSE

最終更新:8/7(月) 20:10
ESSE-online