ここから本文です

20万円以下で買える、好業績なネット関連株を発掘!「営業利益変化率が2期連続2ケタ増」「社員が若い」など5つの条件で抽出した、個人投資家注目の2銘柄を紹介

8/7(月) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

「最低購入額は20万円以下」「情報・通信業に選定されている」「営業利益変化率が2期連続2ケタ増」など、5つの条件で抽出された成長株から、注目の2銘柄を紹介!  ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。

【詳細画像または表】

 発売中の9月号では、2期連続で2ケタ成長をしながらも20万円以下で買えて、個人投資家に人気の高い成長企業を抽出し、ランキングを作成。ここではその中から、1位と2位の銘柄をピックアップする。

若い社員が多くて活気のある企業の成長力に期待!個人投資家に注目されそうな株を、5つの条件でスクリーニング

 活発な個人投資家による売買で、ゲーム株など連日でストップ高をつける銘柄も少なくない。そこで今回は、個人投資家のお金が集まりやすい新興市場銘柄の中から、最低投資額は20万円以下で、ゲームやIT関連などの情報・通信業の銘柄に注目!  これに加えて、従業員の平均年齢が35歳以下と活気があふれ、前期および今期の営業増益率が10%以上の銘柄をピックアップした。

 今回の「スクリーニング条件」を5つに整理すると以下のようになる。

 【条件1】
手頃に投資できる
⇒最低購入額が20万円以下の株

 多くの銘柄の1単元が100株になったが、それでも超値がさ株が増えてきているなか、値頃で買いやすい最低購入額として「20万円以下」にて抽出。

 【条件2】
成長期待が大きい業種である
⇒情報・通信業に選定

 ゲーム関連やIT関連など、成長期待の多くが情報・通信業に属している。外部環境が不透明ななか、景気に左右されにくい点も魅力だ。

 【条件3】
個人投資家の資金が集まりやすい
⇒マザーズまたはJASDAQに上場

 個人投資家主体の資金が集まりやすいのが、マザーズ市場やJASDAQといった新興市場。材料や業績にビビッドに反応する。

 【条件4】
会社に活気がある
⇒社員の平均年齢が35歳以下と若い企業

 従業員の平均年齢が35歳以下と若い企業は活力があり、旧体系の壁もなく、方向転換も早く、成長期待が高まりやすい。

 【条件5】 
利益が伸びていること
⇒「営業利益変化率」が2期連続2ケタ増

 2期連続で2ケタ成長の企業。成長産業であれば、2ケタ成長ペースを継続することは絶対条件になるだろう。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)