ここから本文です

韓国・文在寅大統領の“慰安婦づくし”フルコース 記念日、歴史館、公園も登場

8/7(月) 8:00配信

デイリー新潮

「文在寅」韓国大統領の「慰安婦づくし」フルコース(上)

 この国はいつまで同じことを繰り返すのか。人権派弁護士で「男版福島瑞穂」と呼ばれる韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領。就任わずか2カ月でついに馬脚を現したのだ。

 7月19日、韓国政府は「国政運営5カ年計画」を発表し、再び慰安婦問題を重要課題のひとつに挙げた。

 その内容は、まず来年の2018年に「慰安婦記念日」を制定し、後世までその記憶を語り継ごうというもの。翌年には「慰安婦被害者研究所」を設立して調査事業を進め、その成果を東京五輪のある20年に「慰安婦歴史館」で結実させる。

 いわば「慰安婦づくし」フルコースといった様相を呈しているのである。

 さる在韓ジャーナリストが解説する。

「韓国では、日本の終戦記念日にあたる8月15日を『光復節(こうふくせつ)』と呼び、独立を記念する祝日としています。その前日、14日を『慰安婦記念日』に制定するとしたのは、26年前に初めて元慰安婦が公に名乗りを上げたゆかりの日だからです」

 ちなみに、その日は国民の休日になるというが、

「文大統領は、選挙で慰安婦問題の見直しと国民の休日を増やす公約を掲げ当選しました。記念日を設けることで、ダブルで公約を果そうとしているのです」(同)

 自らの人気取りで、歪んだ歴史認識を蒸し返されてはたまったものではない。

「日韓合意」

 そもそも、一連の慰安婦問題は、一昨年の「日韓合意」によって両国間で解決済みではなかったのか。

 振り返れば、安倍総理がおわびを表明したその合意で、日本政府は10億円を拠出。それを受け取った韓国政府は、日本大使館前に建立された慰安婦像について適切に解決されるよう「努力する」と約束し、「慰安婦問題」が「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と誓った。

 このことは、歴史的和解としてNYタイムズなど欧米メディアも報じ、国際的に高く評価されていたのだ。

 しかし、冒頭の計画発表と同じ日に、合意を受けて韓国政府が設立した元慰安婦を支援する財団の理事長が辞意を表明したことで、その存続が危ぶまれているという。

 どうやら文政権は世界に認知された約束を、容易く反故にするつもりらしい。

1/3ページ

最終更新:8/7(月) 13:03
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。